トピックス

ビンス・カーターの現役続行に否定的なギルバート・アリーナス氏

ビンス・カーターはNBA記録となる22年目のシーズンをプレイするために、アトランタ・ホークスと再契約を結びました。

多くの人々がそれを祝福するのは当然のようにも思えますが、どうやらそれに否定的な識者も居るようです。

『The Athletic』のクリス・キルシュナー氏によれば、かつて3度のオールスター出場経験のあるギルバート・アリーナス氏は、カーターの現役続行について正直な意見を述べました。

「ここで正直になろう。ビンスか、若い選手のどちらかを取ることになる。そしてビンスを選ぶだろう。彼は20年間もプレイしている。彼の5%は賢いバスケットボールだから、彼の5%は若い選手の100%よりも優れていることになるね。彼ら(若い選手)がその経験を積むまで、コーチは若い才能を見落とすことになるよ」



アリーナス氏は、続けて語ります。

「最後のベンチに座れた選手か、外された選手なら、ビンスのような選手を見て”おいおい、待ってくれよ”って言う。ビンスに利点は無いんだ。他の誰かが加わって、次のビンス・カーターになろうよ

代わりにアリーナス氏は、カーターがNBAに携わる仕事をすればいいと提案しました。

「ビンスはコーチとしてベンチに居るか、あるいは意見を言えるオフィスに居るべきだよ」

非情になってビジネスだけを追求すれば、カーターがコーチやフロントオフィスの役職に就き、若い選手を育成するというのは理にかなっています。

しかし、カーターはNBAにとって特別な存在であって、私たちは彼が成し遂げてきたことを称賛するべきでしょう。

アリーナス氏の意見に理解を示さないわけではありませんが、彼の意見を全面的に支持することもできません。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-

© 2021 NBA TOPICS