トピックス

「本当に引退した」と感じる瞬間をまだ待っているドウェイン・ウェイド

昨季限りで現役引退をしたドウェイン・ウェイドは、先日マイアミ・ヒートと再契約を果たしたユドニス・ハスレムと共に、オーランドで開催されたジュニアNBAグローバルチャンピオンシップのグローバルアンバサダーとして講演し、自身の引退について言及しました。

僕はやり切ったと思う。自分のやりたいことを、全てやったんだ」



ウェイドは、ヒートと再契約を結んで17シーズン目を迎えるハスレムについて、次のように語ります。

「素晴らしいと思うよ。僕たちは昨年やこの夏を通して、たくさん話し合ったんだ。彼がまだやりたいことについてさ。彼は引退する準備が整っていないんだよ」

「彼はまだロッカールームで選手に与えられるものがたくさんあり、文化を前進させ続けられるんだ。彼はリーダーシップとして重要なピースだし、(ヒートのヘッドコーチである)エリック・スポールストラにとっても大きなピースだ。彼らはそれを理解していたと思うよね」

ハスレムはキャリアの全てをヒートで過ごしており、今回の再契約によって、同一チームで過ごした期間は現役選手としてリーグ最長記録となります。

親友のハスレムを称賛したウェイドでしたが、自身が完全に引退したと感じているのかどうか尋ねられると、彼は少しためらいました。

まだ引退した気分じゃない。トレーニングキャンプが始まって、メディアデーがあって、僕が慣れている全てのことに関わらない時が来て、”ああ、本当に引退したんだな”って感じるんだろうね」

しかし、ウェイドは決して振り返ることはしません。

「完璧だと感じている。やり切ったと感じたから、引退することが出来たんだ。僕のキャリアは、今まで自分が夢見ていたことを全て上回った。それが大切なんだ。いくらかの人は、やりたいことの一部を成し遂げられず、まだ思い残したことがあるように感じる。僕からすれば、僕はやり切った男だ。やりたいことは全てやったよ」

それからウェイドは、今年のドラフトでヒートが全体13位指名したタイラー・ヘロについて、期待を寄せるコメントを残しました。

「マイアミ・ヒートが誰かをドラフトする時、どのように築かれた選手であるかを知る必要があるんだ。だから僕は、彼が特別であることや、どんな選手になりたくて、どんな仕事をしたいのかということを既に知っている。彼はそれを望んでいるように見えるよ。彼のルーキーイヤーに何が起こるか楽しみだね」

私たちもまた、試合でウェイドを観られない瞬間に、彼が引退したのだと真に実感するのでしょう。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-

© 2021 NBA TOPICS