エネス・カンターが語る、ラッセル・ウェストブルックの素晴らしさ「最高のチームメイトだ」

出典:pe-sports.com

今夏にボストン・セルティックスへ移籍したビッグマンのエネス・カンターは、8年間のキャリアの中でケビン・デュラントラッセル・ウェストブルックデイミアン・リラードといったスーパースターの選手たちと一緒にプレイしてきました。

 

そしてその中でも、ヒューストン・ロケッツへトレードされたウェストブルックは、カンターにとって”最高の選手”であり、”最高のチームメイト”だったようです。



『Fox Sports 1』の「First Things First」に出演したカンターは、ウェストブルックについて次のように語りました。

 

「ラッセル・ウェストブルックは、僕が一緒にプレイした中で最高の選手だったよ。コートの外で出会った中では、最高のチームメイトだ」

「それを世界中に伝えたかったんだよ。実際、彼は本当に落ち着いていて、本当に良い奴だ。間違いなく、彼に最も助けてもらったね。彼はスナップルを飲み、飛行機の中でグミベアーを食べ、『(NBA)2K』で遊ぶんだ。彼はアメリカを中心に9つのブッククラブをオープンさせた。ジョーク好きで、たくさんジョークを言うんだ」

 

コートの中でウェストブルックは、感情任せのような印象を与えてしまうかもしれません。

 

しかし、一度コートの外に出てしまえば、ウェストブルックは全くの別人となります。

 

カンターは2015年2月から3シーズンに渡ってオクラホマシティ・サンダーでプレイしてきましたが、その中で2シーズンを共にしたデュラントと、ウェストブルックの比較について尋ねられると、再びオフコートでの違いについて指摘しました。

 

「僕たちは、ラスと一緒により良いケミストリーを築き上げた。他のオクラホマシティの選手に聞いてみても、大半は同じことを言うだろうね。みんなコートの外で、ラスとより良いケミストリーを構築したんだ」

 

カンターのコメントは、先日のチャリティーイベントでウェストブルックについて語った、ロケッツのジェームス・ハーデンの言葉と非常に近いものがあります。

 

「誰もがラスのことを、コートで怒っている男だとか、感情任せの男として見ている。でもコート外では、彼は最高さ。」



相手からすれば、ウェストブルックに良い印象を持たない選手やファンも居るかもしれませんが、彼と一緒にオフコートを経験している人物は、誰もが口を揃えて「ラスは最高」と言います。

 

プレイスタイルに限らず、コートの内外で自分自身の在り方をコントロールすることもまた、超一流のアスリートには欠かせない能力であり、ウェストブルックはそれを極めているのでしょう。

 

比較を避けるシャイ・ギルシャス・アレキサンダー「僕はラッセル・ウェストブルックじゃない」

2019-08-25

(参考記事:Enes Kanter Russell Westbrook was best player, teammate in NBA

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



2 件のコメント

  • 確かに感情に任せたり、セルフィッシュに見えたときも有るけど卑劣になった時は一度も無いと思います。
    言葉尻をとらえたようで申し訳無いですが、私は卑怯や卑劣と言われるのが人として一番嫌な事なので反応してしまいました。
    ましてや尊敬する選手なので。
    失礼しました。

    • 川島 卓さんコメントありがとうございます。

      配慮が足らず、不快を与えてしまい申し訳ありません。記事は訂正しておきました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください