早くも懸念されるザイオン・ウィリアムソンの耐久力――彼の負傷に”勝者”はいない

blank

出典:sports.mb.com.ph

ニューオリンズ・ペリカンズのザイオン・ウィリアムソンは、サイズ、爆発力、フィジカルを兼ね備えているだけでなく、ジャンプ力、最高地点に到達するまでの速さもずば抜けており、史上類を見ない逸材であることは明らかでしょう。

 

その代わり、彼は怪我に対する耐久力という点で、懸念が付きまといます。

 

既にウィリアムソンは膝の負傷により、レギュラーシーズンの最初の数週間を欠場すると伝えられました。

 

負傷自体はそれほど深刻ではなく、靭帯断裂の心配も無いようですが、デューク大でプレイしていた時、彼が履いていたスニーカーが破損した際に負傷した膝と同じであるというのは、懸念されるべきです。

 

また、もう片方の膝もサマーリーグで痛めており、その時はわずか9分間の出場で離脱することになりました。

 



既に、ペリカンズの中でも緊張感が生まれているのかもしれません。

 

これは彼らにとってデリケートな問題であり、『New York Daily News』のステファン・ボンディ氏によれば、ペリカンズのアルビン・ジェントリー・ヘッドコーチはウィリアムソンの負傷について尋ねられると、「何も言うことはない」と言及について避けました。

 

ドラフト前から様々なスカウトが懸念していたように、285ポンド(約129kg)の巨体が試合中に何度も宙を舞うとき、その選手がどんな能力を持っていようとも、着地の影響を大きく受けるのは明らかです。

 

願わくば、今回の負傷がウィリアムソンにとって些細なことで、彼の溢れんばかりの才能をNBAで発揮できれば最高でしょう。

 

しかし、膝は年齢と共に良くなっていくものではありません。

 

その懸念を消し去る唯一の方法は、ウィリアムソンが体重を減らすことです。

 

彼の特徴的な身体能力は、減量によって少しだけマイナスされてしまうかもしれませんが、怪我をしてしまえば、迫力満点のダンクもブロックも持っている意味がありません。

 

加えて、今のNBAはパワーよりもスピードに重点を置いています。

 

レブロン・ジェームズでさえも数年前に減量し、リーグのあらゆる選手がそれに続きました。

 

blank

全体2位指名の過去に、ロンゾ・ボールは「その基準を満たしていなかった」

2019-10-13



ウィリアムソンと比較した場合、最も近い選手はブレイク・グリフィンとラリー・ジョンソンです。

 

どちらもドラフト全体1位指名でNBA入りを果たし、どちらもパワフルなダンクを魅せる選手でした。

 

そして残念なことに、どちらも負傷を経験しました。

 

グリフィンは左膝を負傷し、ジョンソンは背中に問題を抱えたのです。

 

彼らは別の手段で自分自身を再出発させることに成功しましたが、そうしたパワフルなプレイスタイルが持続不可能なことも証明されてしまいました。

 

そしてウィリアムソンは、グリフィンとジョンソンよりも体重が重い選手です。

 

もしウィリアムソンが怪我でキャリアを台無しにした場合、ニューヨーク・ニックスがドラフトで全体1位指名権を獲れなかったという敗北は、それほど痛くないものになるでしょう。

 

しかし、その仮説は誰も勝者を生みません。

 

短期的に見れば、10月18日のニューオリンズ・ペリカンズ対ニューヨーク・ニックス戦でウィリアムソンを観れるはずであったため、チケットを購入したニューヨークのファンは既に打撃を受けました。



フランチャイズの繁栄に苦労してきたペリカンズにとって、ウィリアムソンの出現はまたとない絶好の機会です。

 

しかし彼の怪我に対する耐久力は、その期待に水を差してしまっていると言えるでしょう。

 

ウィリアムソンを観るためだけに、チケットを購入するファンもいるかもしれません。

 

NBAのためにも、ニューオーリンズのためにも、そしてウィリアムソン自身のためにも、彼の怪我がキャリアを崩壊させる前触れでないことを祈るばかりです。

 

【今回の一問一答クイズ】

ザイオン・ウィリアムソンのプレシーズンにおける平均FG成功率は?
blank

全体2位指名の過去に、ロンゾ・ボールは「その基準を満たしていなかった」

2019-10-13

(参考記事:Zion Williamson’s durability concerns already becoming a reality

待望の最新作
「NBA 2K20」

blank

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!