トピックス

サンズに放出を見返したいTJ・ウォーレン「サンズは失敗した」

このオフシーズンも、トレードの話題はスター選手にスポットライトが当てられがちですが、ここに驚くべき一つのトレードがありました。

フェニックス・サンズが、インディアナ・ペイサーズにTJ・ウォーレンとドラフト全体32位指名権を譲渡する代わりに、金銭を受け取ったというトレードです。

ウォーレンは近年のサンズで生産的なスコアラーの一人であり、3年3,500万ドルの契約も特に扱いづらいものではないはずでした。

しかし、サンズがドラフト指名権を一緒に送り、その見返りが金銭であったことをからも分かるように、明らかにウォーレンはサンズにとって負の資産として見られていたようです。



最近、『The Athletic』のシャムス・シャラニア氏とのインタビューで、ウォーレンは自身のトレードについて怒りを感じているわけではないものの、サンズが事実上何の対価もなしに自身を放出したことを、間違っていると証明したいと語りました。

「フェニックス・サンズに怒りは無いし、彼らがトレードをしてくれたから、先に進むことを楽しみにしているよ。僕はサンズが間違った決断をしたというだけでなく、ペイサーズが正しい決断をしたということを、NBA全体に証明する準備ができている。僕はお金よりも価値がある選手だってね。それを証明するのが僕の責任だ。サンズは失敗したね」

キャリア6年目を迎えるウォーレンは、サンズで過ごした5年間で平均14.4得点、4.1リバウンドを記録しました。

[kanren postid="15429,15486"]

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-, ,

© 2021 NBA TOPICS