トピックス

サンズのベンチ陣がパトリック・ベバリーの退場に”バイバイ”

土曜日の夜、フェニックス・サンズは同ディビジョンの相手でもあるロサンゼルス・クリッパーズに最後まで健闘し、130-122でクリッパーズに今季初敗戦を経験させました。



サンズは自分自身を完璧だと感じ、試合の大半でクリッパーズにリードし、エースのデビン・ブッカーは30得点のうち第4クォーターだけで16得点を記録しました。

サンズの勝利が確実になり、地元の観客が「BEAT LA」と叫んでいた第4クォーターは、同時にクリッパーズが誇る最高のディフェンダーの一人、パトリック・ベバリーがファウルアウトした時でもあります。

残り6分1秒でベバリーが退場する時、サンズのベンチに居た選手たちはベンチへ引き下がる彼に手を振りました。

試合後、クリッパーズのドック・リバース・ヘッドコーチは、サンズが自分たちより優れたプレイをしていたことを認めました。

「たとえ勝っていたとしても、(最終的に)勝つ見込みは無かった。彼らはとても良くプレイしていたからね。彼らは自分たちがやっていることに全力を注いでいた。試合のあらゆる場面で、彼らの方が優れていると思ったよ」



考えすぎることはありません。

同ディビジョンということもあり、クリッパーズは今シーズンにサンズとあと3回対戦する機会があるため、より良い機会を作ることができるでしょう。

次の対戦は12月17日(日本時間18日)にクリッパーズのホーム、ステイプルズ・センターで両者が激突します。

[kanren postid="15731,15711"]

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-,

© 2021 NBA TOPICS