考察

なぜウォリアーズは栄光から一気に転落したのか

ケビン・デュラントを失い、クレイ・トンプソンが怪我で長期離脱となったことで、ゴールデンステイト・ウォリアーズがこれまでと異なるチームになるのは分かっていました。

しかし、最初の2試合に敗れるだけならまだしも、彼らは96分間で一度もリードを奪うことができず、ロサンゼルス・クリッパーズには19点差で、オクラホマシティ・サンダーには28点差で敗れています。

さすがにこれほどの転落は、予想できるものではありません。

なぜこんなにも酷いのか、ウォリアーズが過去数年間の姿を取り戻すにはどうすれば良いのか、ステフィン・カリーとドレイモンド・グリーンは大した選手ではなかったのか、彼らの優勝に傷が付いているのか、これが王朝の終わりというものなのか――。

もう少し詳しく見ていくことにしましょう。

関連記事
将来に疑問を感じていたドレイモンド・グリーン「ウォリアーズはケビン・デュラントの味方」

続きを見る



実際のウォリアーズは、ここまで酷いチーム?

ウォリアーズは、NBAで2番目や3番目に悪いチームなのでしょうか?

いいえ、当然そんなはずはありません。

しかし、ウォリアーズは体とボールの動きだけでいつものようにプレイしようとしても、それを成功させるための十分なスキルが揃っていないのです。

パサーはほとんどカリーとグリーンだけに限られ、一方でシューターはショットが決まらないため、完全な混乱を引き起こしています。

ディフェンスに関してはさらに悪化が著しく、基本的に先発で安定してプレイが可能なビッグマンが居ないほか、ディアンジェロ・ラッセルもトンプソンのディフェンスと比較すれば、明らかなグレードダウンになっていると言えるでしょう。

ウォリアーズは、全世界で5本の指に入るトッププレイヤーのカリー、一流のディフェンス力を持つグリーン、一流のコーチングを魅せるスティーブ・カー・ヘッドコーチが健康な限り、リーグで最悪のチームに転落するのは防ぐことができるはずです。

ただしこの2試合では、彼らもまた新たなチームメイトに困惑しているように見えます。

デュラントとトンプソンが居ないだけで、すぐに転落してしまうもの?

デュラントがブルックリン・ネッツへ去る時、ウォリアーズには2つの選択肢がありました。

そしてウォリアーズは、デュラントを放出する代わりにラッセルをサイン&トレードで獲得することを選択しました。

ネッツにはカイリー・アービングが加入することもあったため、この取引だけでは両者がWin-Winだと言えるでしょう。

しかし、ウォリアーズはアンドレ・イグダーラをメンフィス・グリズリーズへ(それも1巡目指名権を付けて)トレードせざるを得ませんでした。

トンプソンの再契約や、ラッセルの新たな契約で、ウォリアーズはサラリーキャップを空けなければならなかったからです。

さらに、ショーン・リビングストンを解雇することで保証された契約を削り、ジョーダン・ベルやクイン・クックとの契約も見送り、ケボン・ルーニーは再契約を結びましたが、彼は怪我に苦しんでいます。

いくつかの小さな傷と、ほんの少しの大きな切れ目が入ることで、王朝を築いたロスターはこうも簡単に崩れてしまうのでしょう。



ラッセルがまだ上手くいかないのはなぜ?

まだ2試合、焦るには早すぎます。

確かにラッセルはネッツで成功を収めていましたが、彼はボールをかなり支配していました。(2018-19シーズンのラッセルのUSG%は31.9%)

バックコートのペアがスペンサー・ディンウィディーからカリーに変われば、もちろんラッセルがすぐに適応できるとは言い難いでしょう。

カリーはデュラントと共存していましたが、そもそもデュラントは効率の良い選手であって、ボールを支配するタイプの選手ではありません。

そのため、それぞれの影響力は全く別物とも言えます。

少なくとも、ラッセルはカリーとのプレイを学ぶための本格的な調整期間があるはずです。

あるいはラッセルの2018-19シーズンが、ただの偶然だったのか――何にせよ、それを確かめるには労力と時間を費やすほかありません。

現状のロスターからして、カリーはジェームズ・ハーデンのようなプレイを心がけるべき?

きっと、それは観ていて楽しいものになるでしょう。

ただ、カリーにそのようなプレイできるとは限らず、彼はNBAに入ってからというもの利他的な選手としてプレイしてきました。

カリーの才能は、ハーデンのプレイスタイルと合うものではないように思えます。

しかし、ウォリアーズの首脳陣の中には、そのようなパフォーマンスを考えている人も何人か居るかもしれません。

ウォリアーズはプレイオフを逃すことになる?

正直、その可能性は考えられます。

昨シーズンにプレイオフへ進出したウェスタン・カンファレンスのチームのうち、ウォリアーズとサンダー以外の6チームは大きな戦力低下が見られないため、今シーズンもプレイオフ進出が期待されています。

ここにロサンゼルス・レイカーズが加わるため、7チームとなるでしょう。

ダラス・マーベリックスとミネソタ・ティンバーウルブズは、プレイオフを争えそうなチームです。

最初の2試合の後、ウォリアーズがどのチームよりも、ましてサンダーよりも良いチームだと、断言することはできません。



ウォリアーズがプレイオフを逃した場合、カリーやカーHCのレガシーは傷付くことになる?

もちろん、そのようなことはありません。

昨シーズンにレブロン・ジェームズがプレイオフを逃したことで、彼の実績に傷が付いたと考えた人は居たでしょうか?

ウォリアーズの転落は喜ぶべき?

NBAチームのファンであれば、過去5年間で間違いなくウォリアーズに苦しめられた経験があるでしょう。

そういった意味では、ウォリアーズが力を失うことは喜ばしいことなのかもしれません――ただし、今のところは。

トンプソンはいずれ戻ってきて、ウォリアーズが再びオッズを取り戻す可能性は、十分に考えられます。

今からでも遅くないうちに、ジョークは言っておいたほうが良いかもしれません。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-考察
-

© 2021 NBA TOPICS