トピックス

カイリー・アービングが、自身の報道に「完璧である必要はない」

先日、『ESPN』のジャッキー・マクムラン氏は、ブルックリン・ネッツのカイリー・アービングの”気分変動”が激しいことについて指摘し、それによってチーム内に懸念があると伝えました。

この報道は、今のネッツの最大の話題となっています。

[kanren postid="15827"]



しかし、『ESPN』のマリカ・アンドリュース氏によれば、10月30日(日本時間31日)のインディアナ・ペイサーズ戦に敗れて1勝3敗となった後、アービングは自身を取り巻く話題について次のように言及しました。

「僕はここの仲間に対して完璧である必要はないし、一般人に対しても完璧である必要はない。僕はあらゆる認識を払拭するためにここに居るのではなく、僕自身であるためにここに居るんだ」

ネッツの波乱に満ちたスタートには多くの疑問が投げかけられましたが、少なくともアービングのパフォーマンスは称賛できるものがありました。

チームがアイデンティティを確立しようとしている中でも、アービングは自分自身であることに集中しています。

「ESPNや、他の人が何と言おうと、誰が気にするだろうか?僕は自分自身も、家族も、友人も大好きだ。バスケットボールが大好きなんだ。自分の周囲の人にどんな影響があるかを見るのは興味深いけど、誰も僕に(気分変動について)聞いてこなかった。みんながそれについて何か言うまでね。それから、”今のカイリーはどんな人格だ?”って広まっていったんだよ」

[kanren postid="15724"]

-トピックス
-

© 2021 NBA TOPICS