カーメロ・アンソニー、復帰への意欲は「2,000%」

出典:flipboard.com

新たなシーズンも開幕したことで、依然としてチームに加入できていないカーメロ・アンソニーを気にする声は、非常に少なくなりました。

 

しかし、彼はまだNBAでプレイすることを諦めてはいません。

 

カーメロ・アンソニーの居場所がNBAに無い理由

2019-08-24



先日開催されたイベントに出演したアンソニーは、記者からNBAでバスケットボールを続けたいかどうか尋ねられると、こう答えました。

 

「2,000%したい。それを見出しにしてくれるかな」

 

昨シーズンの初めにヒューストン・ロケッツで10試合に出場して以降、彼はNBAのチームでバスケットボールをできていません。

 

それどころか、彼を獲得しようと考えるチームもありませんでした。

 

それでも、アンソニーはまだ自分がリーグで通用する実力を持っていると考えています。

 

8月にはスティーブン・A・スミス氏に対し、毎日ジムで練習を重ねているため、誰のためであろうと再びコートに立ちたいことを明かしました。

 

オクラホマシティ・サンダーで過ごした2017-18シーズンは、平均16.2得点、5.8リバウンドを記録しており、数字だけを見れば、むしろ彼がプレイできていないのは不思議なことと言えるでしょう。

 

当然、様々な懸念があるためにアンソニーと契約を避けているわけですが、彼が懸念を払拭するにはチームと契約を結ばなければなりません。



どのチームも自身に関心を抱いていないことについて、アンソニーは不満を感じているようですが、彼はまだ戦い続ける覚悟を持っています。

 

「もちろん(オファーが無いことは)驚いた。とはいえ、それが現状だ。何が起こるのか、座って見守らないとね」

 

【今回の一問一答クイズ】

日本時間11月9日時点で、カーメロ・アンソニーよりもキャリア通算得点が多い現役選手は何人?

  • 1人
  • 2人
  • 3人

正解!正解!

不正解!不正解!

1人

カーメロ・アンソニーのキャリア通算得点は2万5,551得点。彼より通算得点の多い現役選手は、3万2,726得点を挙げているレブロン・ジェームズのみです。ちなみに、アンソニーの一つ下はビンス・カーター(2万5466得点)で、今シーズンに超えることが期待できます。

ウォルト・フレイジャー氏が、カーメロ・アンソニーの現状に不満「最後の舞台を持つべき」

2019-09-22

カーメロ・アンソニーの居場所がNBAに無い理由

2019-08-24

(参考記事:Carmelo Anthony ‘2,000 percent’ still wants to play in the NBA

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください