トピックス

負傷者続出のウォリアーズにも、アレック・バークスは「後悔していない」

今シーズンのゴールデンステート・ウォリアーズは、過去数シーズンとは比べ物にならないほど負傷者に頭を悩ましています。

これまでに築いたウォリアーズの強さを期待して、今夏の契約を勝ち取った選手も居るかもしれません。

実際、新たにウォリアーズと契約を結んだ選手は、チームの現状にどう感じているのでしょうか?



ウォリアーズの一員であるアレック・バークスは、少なくともチームとの契約を後悔していません。

『The Athletic』のアンソニー・スレーター氏によれば、バークスは元々フリーエージェントとしてオクラホマシティ・サンダーへの移籍を考えていたものの、ラッセル・ウェストブルックとポール・ジョージの2人のスター選手がトレードされたことで、ウォリアーズとの1年契約に切り替えました。

バークスはこう語ります。

「偉大な選手たちと一緒にプレイする以外の理由で、ここに移籍したんだ。僕はここの文化が好きだし、スティーブ(カー・ヘッドコーチ)も好きだ。(ゼネラルマネージャーの)ボブ(マイヤーズ氏)もね。ここの選手たちが健康的にプレイするのも好きだ。最終的には、彼らも戻ってくるだろう。僕はこの場所に満足しているよ。良い決断をしたことを誇りに思う」

昨シーズンのバークスは、クリーブランド・キャバリアーズからサクラメント・キングスへトレードされた後、1試合あたり平均10分間の出場時間を貰うことができませんでした。

負傷者が続出している現状は喜べるものではありませんが、ここ数試合で30分前後の出場時間を得られているバークスにとっては、自身をもう一度証明する大きなチャンスだと言えるでしょう。

[kanren postid="15961,15888"]

-トピックス
-

© 2021 NBA TOPICS