負傷者続出のウォリアーズにも、アレック・バークスは「後悔していない」

出典:flipboard.co

今シーズンのゴールデンステート・ウォリアーズは、過去数シーズンとは比べ物にならないほど負傷者に頭を悩ましています。

 

これまでに築いたウォリアーズの強さを期待して、今夏の契約を勝ち取った選手も居るかもしれません。

 

実際、新たにウォリアーズと契約を結んだ選手は、チームの現状にどう感じているのでしょうか?



ウォリアーズの一員であるアレック・バークスは、少なくともチームとの契約を後悔していません。

 

『The Athletic』のアンソニー・スレーター氏によれば、バークスは元々フリーエージェントとしてオクラホマシティ・サンダーへの移籍を考えていたものの、ラッセル・ウェストブルックとポール・ジョージの2人のスター選手がトレードされたことで、ウォリアーズとの1年契約に切り替えました。

 

バークスはこう語ります。

 

「偉大な選手たちと一緒にプレイする以外の理由で、ここに移籍したんだ。僕はここの文化が好きだし、スティーブ(カー・ヘッドコーチ)も好きだ。(ゼネラルマネージャーの)ボブ(マイヤーズ氏)もね。ここの選手たちが健康的にプレイするのも好きだ。最終的には、彼らも戻ってくるだろう。僕はこの場所に満足しているよ。良い決断をしたことを誇りに思う」

 

昨シーズンのバークスは、クリーブランド・キャバリアーズからサクラメント・キングスへトレードされた後、1試合あたり平均10分間の出場時間を貰うことができませんでした。

 

負傷者が続出している現状は喜べるものではありませんが、ここ数試合で30分前後の出場時間を得られているバークスにとっては、自身をもう一度証明する大きなチャンスだと言えるでしょう。

 

【今回の一問一答クイズ】

アレック・バークスがキャリア平均最多得点を記録したシーズンは?

  • 2011-12シーズン
  • 2013-14シーズン
  • 2015-16シーズン

正解!正解!

不正解!不正解!

2013-14シーズン

ユタ・ジャズに在籍していたキャリア3年目の2013-14シーズンに、キャリア平均最多得点となる14.0得点を記録しました。

ジェームス・ハーデンの”KD”発言が話題に

2019-11-07

ステフィン・カリーのオリンピック出場の可能性はまだ残っているのか

2019-11-03

(参考記事:Five observations: Jordan Poole’s slump, Alec Burks’ market value and the Warriors’ loss in Houston

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください