トピックス

ロケッツのトレードは裏切り?クリス・ポールの驚きの答えは…

オクラホマシティ・サンダーのクリス・ポールは、自身のキャリアの中で3度のトレードを経験しています。

1度目は2011年にニューオーリンズ・ホーネッツからロサンゼルス・クリッパーズへ、2度目は2017年のクリッパーズからヒューストン・ロケッツへ、そして3度目は今年7月に行われたロケッツからサンダーへのトレード――。

[kanren postid="15135"]



『NBC Sports』のダン・フェルドマン氏によれば、ポールは、コメディアンのケビン・ハート氏と、これらのトレードについて興味深い話し合いをしました。

その中で、ポールはロケッツにトレードされたことについても言及しています。

ハート氏「君は何度か、大きな話し合いの一部だった。それは単なるビジネスか、それとも個人的なことなのかい?」

ポール「それぞれの状況で異なるかな。でも、チームはやりたいことを何でもやるね」

ハート氏「それがビジネスというものか」

ポール「まさしくそうだ」

ハート氏「”ちくしょう、これはちょっと驚いた。裏切られたな”って感じる時はあったかい?」

ポール「もちろんある。最後のシチュエーションはその一つさ。ヒューストンのGMは、僕に何の借りも無いんだ。言っている意味が分かるかい?彼は僕に何かを言っても、他のことをするかもしれないんだ。それが事実だということを分かってほしい」

ポールがトレードされる前の今年6月、ロケッツのゼネラルマネージャーであるダリル・モーリー氏は、ポールをトレードすることは無いと言及しました。

もしかしたら、それはポールがトレードされなかった場合に、彼を傷付けないようにするための保険だったのかもしれません。

しかし、首脳陣による一般的な策略だったといえ、ポールからしてみれば嘘を付かれたことには変わりないでしょう。

ポールがトレードを要求したという報道もいくつかありましたが、彼はそれを否定しており、そもそも事実だとすれば、この場でロケッツに裏切られたと言うのは非常に愚かなことです。

結局のところ、ポールがトレードの要求を否定したことも、モーリー氏がポールをトレードしないと言ったことも、全てが記録として残っています。

ロケッツのトレードは、ポールにとって受け入れ難い現実だったのかもしれません。

[kanren postid="15823,15135"]

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-, ,

© 2021 NBA TOPICS