チームの不調を嘆くトレイ・ヤング「もっと多くのことができる」

アトランタ・ホークスのトレイ・ヤングは今シーズン、平均28.8得点、8.4アシスト、フィールドゴール成功率46.2%、3ポイントシュート成功率38.8%と、一貫して目覚ましい成績を残しています。

しかし、キャリア2年目のヤングの奮闘も虚しく、ホークスはここまで結果が伴っておらず、ヤングは敗戦の続くチーム状態にフラストレーションを溜めているようです。



『The Atlanta Journal-Constitution』のサラー・スペンサー氏によれば、ヤングはオクラホマ大でプレイしていた時のことを振り返り、次のように語りました。

「オクラホマ大の時でも、得点とアシストで(NCAAを)リードしていたけど、負けた試合のほとんどはイライラしていたよ。オクラホマ大で48得点を記録した時も、負けてしまったから楽しくなかった。こういった敗戦は、僕が良いプレイをしていると伴ってくるんだ。数字の面で良いプレイをしている時、そういった感覚は嫌いなんだけど、勝つこともできない。」

12月8日(日本時間9日)のシャーロット・ホーネッツ戦に122-107で勝利したホークスでしたが、チームは既に6勝17敗と大きく負け越しており、イースタン・カンファレンス13位となっています。

ヤングは、チームが「もっとできる」と語りました。

「言うことも、聞くことも馬鹿げていると思うけど、それが現実。もっと多くのことができると思う。僕はそれを理解し、チームも理解するためにもっと良い仕事をしないといけない」

blank

バックスへの復帰も考えているジャバリ・パーカー「終わったのが悲しかった」

2019-11-28
blank

トレイ・ヤングがモチベーションとする”2台の携帯電話”

2019-11-19

待望の最新作
「NBA 2K20」

blank

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!