リポート

ザイオン・ウィリアムソンが歩き方や走り方を変更か

ニューオーリンズ・ペリカンズのザイオン・ウィリアムソン自身に決定権があったとすれば、既に彼は復帰を果たしていたかもしれません。

これは、12月25日(日本時間26日)のデンバー・ナゲッツ戦の前に、ウィリアムソンが『ESPN』のジョージ・セダノ氏に語ったことです。



ウィリアムソンはセダノ氏に対し、自身の復帰のタイミングについて「組織を信用している」と言い、リハビリのプロセスは、右膝半月板の手術からの回復以上であることを明かしています。

そのうちの一つとして、ペリカンズはウィリアムソンに歩き方や走り方の変更を教えようとしているようです。

ウィリアムソンは先週から少しずつ練習に参加し始めました。

個人でのシュート練習や、グループでの練習にも参加しましたが、5on5や3on3などは行っておらず、5on0の練習しか行っていません。

練習後、ウィリアムソンはコーチングスタッフと共におよそ60分から90分の間、歩きながらのプレイや、走ってコートを往復したりしています。

ペリカンズの運営部門代表であるデイビッド・グリフィン氏は、ウィリアムソンがデビューを果たすためにはコンディショニングテストに合格しなければならないと語りました。

ペリカンズの関係者は『ESPN』に対し、チームはウィリアムソンが復帰する前に少なくとも2~3回はフルワークの練習に参加させたいと考えており、その予定を新年早々に計画しておることを明かしています。

ウィリアムソンはプレシーズンで4試合に出場し、平均23.3得点、6.5リバウンド、フィールドゴール成功率71.4%を記録した後、膝の痛みと手術によって離脱を余儀なくされています。

ウィリアムソンのコンディションについて尋ねられたペリカンズのアルビン・ジェントリー・ヘッドコーチは、「すべきことを全てこなし、復帰に向けて前進している」と語っていました。

[kanren postid="16666,16628"]

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-リポート
-

© 2021 NBA TOPICS