トピックス

自身のユニフォームを引き裂いたルカ・ドンチッチ

ダラス・マーベリックスのルカ・ドンチッチにとって、1月10日(日本時間11日)のロサンゼルス・レイカーズ戦は、フラストレーションの溜まる夜だったようです。



マーベリックスが17点差を追う第2クォーター残り1分53秒で、ドンチッチは2本のフリースローを獲得したものの、彼はその両方を外してしまいました。

そしてその後、ドンチッチは自身のユニフォームを…

『WFAA』のマイク・レスリー氏によれば、マーベリックスのリック・カーライル・ヘッドコーチは、ドンチッチの行動について「彼は勝利を愛する男」とコメントしました。

「彼はイライラしていた。フリースローを外した時に、ユニフォームを引き裂いたからね。勝敗に関する思いや感情だから…私は理解できるよ」

ドンチッチは第2クォーターが終わるまで破れたユニフォームを着用し続けましたが、ハーフタイム中に新しいユニフォームと交換したため、第3クォーター以降は元通りになりました。

しかしユニフォームが戻った後も、レイカーズのレブロン・ジェームズ(35得点、16リバウンド)や、カイル・クーズマ(26得点)らの活躍によって、マーベリックスが点差を戻すことは叶いませんでした。

一方で、ドンチッチは25得点、10リバウンド、フィールドゴール19本中8本成功、フリースロー13本中8本成功で試合を終えました。

この日の敗戦により、マーベリックスは直近7試合で5敗目を記録しています。

[kanren postid="17057,16964"]

おすすめ記事

-トピックス
-

© 2020 NBA TOPICS