トピックス

ブラッドリー・ビール「勝てる試合で負けたくない」

1月15日(日本時間16日)のシカゴ・ブルズ戦でワシントン・ウィザーズが115-106で敗れた後、ウィザーズのブラッドリー・ビールはチームの文化について苦言を呈しました。



『For The Win』のマイク・D・サイクス氏によれば、ビールは試合後にロッカールームで次のように語っています。

「負けるのは好きじゃない。特に勝てる試合では…負けたくないんだ。それ(敗北)は僕に積み重なっていくだろう。僕たちが勝利し、文化を変え始めるまでね」

どうすればチームの文化が変わるのか尋ねられると、ビールはこう答えます。

「試合で勝つことだ。勝つ姿勢や、勝つ習慣が必要だ。僕たちにはそれがない」

確かにビールは勝利できない現状にうんざりしているようですが、彼が皮肉で言っているのか、それとも本気で不満を抱いているのかは分かりません。

ビールは今シーズンの開幕前、契約延長を結んだことについて”挑戦”という言葉を使っていました。

つまりビールは、今シーズンのウィザーズが苦戦し、その中で自分が何をしなければならないか、理解していたとも取れるでしょう。

それに、隣の芝生は青いこともあるとはいえ、今シーズンのウィザーズは私たちが思っているより良い結果――特にオフェンシブ・レーティングでリーグ9位というのは、ポジティブに捉えていい部分の一つです。

改善の余地はまだまだ多く残されているかもしれませんが、決して救いようが無いわけでもありません。

[kanren postid="16620"]

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-

© 2021 NBA TOPICS