リポート

ピストンズ、ホークスのアンドレ・ドラモンドを含むトレードが打ち切りに

『Yahoo Sports』のクリス・ヘインズ氏によると、情報筋は、デトロイト・ピストンズとアトランタ・ホークスの間で進んでいたアンドレ・ドラモンドを含むトレードの話が、打ち切りとなったと伝えました。



ホークスは将来的なスターであるトレイ・ヤングに、もう一人のスター選手を追加しようと考えていましたが、ドラフトを通じた改善の余地もあると認識していたため、ドラモンドのフリーエージェントまで辛抱強く待つことにしたといいます。

一方でピストンズは、ホークスからダミアン・ジョーンズ、チャンドラー・パーソンズ、アレン・クラブ(つい最近ミネソタ・ティンバーウルブズへトレードされた)のいずれかと、1巡目指名権を獲得する予定だったようです。

ドラモンドは2020-21シーズンの2,800万ドルのプレイヤーオプションを破棄してフリーエージェントとなり、自身の市場価値を試してみると言われています。

そのため、ピストンズは依然としてドラモンドへのトレードの電話に積極的に対処しているようです。

現時点では、オクラホマシティ・サンダーのスティーブン・アダムスの話も浮上しているため、トレード期限が迫っていることからも、交渉が活発化するかもしれません。

[kanren postid="16989,17047"]

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-リポート
-, ,

© 2021 NBA TOPICS