トピックス

ドワイト・ハワードの献身的な姿勢を称賛するロケッツ指揮官「成功しない理由は無い」

これまで、誰もがドワイト・ハワードをベンチ起用することを試してきませんでしたが、ロサンゼルス・レイカーズはそれを実行し、成功を収めています。

しかし、ハワードがベンチ起用を受け入れていても、3シーズンに渡ってハワードをコーチングしてきたロケッツのマイク・ダントーニ・ヘッドコーチは、彼の献身的な姿勢に驚くことはありません。



『Houston Chronicle』のジョナサン・フェイゲン氏によれば、ダントーニHCはハワードについて「とても才能に溢れたバスケットボール選手」と称賛のコメントを残しています。

「もし、彼が喜んで(ベンチ起用を受け入れることを)やろうとするなら、彼が成功しない理由は無い」

今シーズンのハワードは42試合全てをベンチから出場し、平均19.9分、7.6得点、7.5リバウンドと、いずれもキャリア最低のスタッツを記録しています。

しかし、彼の貢献度が数字以上のものであることは、レイカーズの34勝8敗でウェスタン・カンファレンス首位ということが物語っているでしょう。

キャリア初期の頃に、ハワードをメンターとして見ていたロケッツのクリント・カペラは、ハワードがレイカーズで成功していることについて喜びをあらわにしました。

「彼は良い仕事をしている。チームも彼に満足しているに違いないさ。喜ばしいことだね」

ダントーニHCは、NBAにはハワードやカーメロ・アンソニーのような復活劇もあると語ります。

「NBAは何でも可能だ。驚くことは何も無い。できない理由も無い。メロはポートランド(トレイルブレイザーズ)に加わり、素晴らしい年を送っている。NBAの目的は、機会を見つけ出し、それを最大限に活用することなんだよ」

[kanren postid="17132,17204"]

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-,

© 2021 NBA TOPICS