トピックス

『24』を着用し、24得点を記録したジョエル・エンビード「彼のようになりたい」

1月28日(日本時間29日)に行われたゴールデンステイト・ウォリアーズ対フィラデルフィア・76ersの一戦――76ersのジョエル・エンビードは、今は亡きコービー・ブライアントの背番号であった『24』を一夜限りで着用し、彼と同じようにフェイドアウェイ・シュートを決めて見せました。



エンビードは手の負傷から予定よりも早く復帰してきましたが、それは76ersのプレイオフのシード争いの力になりたいという理由もありましたが、同時にブライアントを称えたいという理由もありました。

エンビードが少年だった頃、彼は2010年のNBAファイナルでブライアントのパフォーマンスに惹かれ、専念していたバレーボールを諦めるまでに至ったからです。

『AP』のダン・ゲルストン氏によれば、エンビードはこう語りました。

「それが僕の人生のターニングポイントだった。コービーを観ていた。観た後は、彼のようになりたいと思っていた」

最終的に、エンビードはチームの勝利に貢献しただけでなく、24得点と8本のディフェンスリバウンドをブライアントに捧げました。

指の靭帯断裂からの復帰戦で、殿堂入りのボビー・ジョーンズ氏から自身の背番号の『21』ではなく、ブライアントの『24』を着用する許可を与えられたエンビードは、次のように語ります。

「大変だったけど、コートに出てベストを尽くすことが、彼を称えるやり方だ。ハードにプレイして、色々なことをやり遂げるんだ」

76ersは全員が『8』と『24』のジャージーを着用してウォームアップに臨んだほか、ベン・シモンズはスニーカーの両足に「Mamba Forever」と「RIP Gigi(ブライアントの娘ジアナの愛称)」を刻み、17得点を記録しました。

[kanren postid="17017"]

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-

© 2021 NBA TOPICS