『24』を着用し、24得点を記録したジョエル・エンビード「彼のようになりたい」

blank

出典:skysports.com

1月28日(日本時間29日)に行われたゴールデンステート・ウォリアーズ対フィラデルフィア・76ersの一戦――76ersのジョエル・エンビードは、今は亡きコービー・ブライアントの背番号であった『24』を一夜限りで着用し、彼と同じようにフェイドアウェイ・シュートを決めて見せました。

 

 

 

エンビードは手の負傷から予定よりも早く復帰してきましたが、それは76ersのプレイオフのシード争いの力になりたいという理由もありましたが、同時にブライアントを称えたいという理由もありました。

 

エンビードが少年だった頃、彼は2010年のNBAファイナルでブライアントのパフォーマンスに惹かれ、専念していたバレーボールを諦めるまでに至ったからです。

 

『AP』のダン・ゲルストン氏によれば、エンビードはこう語りました。

 

「それが僕の人生のターニングポイントだった。コービーを観ていた。観た後は、彼のようになりたいと思っていた」

 

最終的に、エンビードはチームの勝利に貢献しただけでなく、24得点と8本のディフェンスリバウンドをブライアントに捧げました。

 

 

指の靭帯断裂からの復帰戦で、殿堂入りのボビー・ジョーンズ氏から自身の背番号の『21』ではなく、ブライアントの『24』を着用する許可を与えられたエンビードは、次のように語ります。

 

「大変だったけど、コートに出てベストを尽くすことが、彼を称えるやり方だ。ハードにプレイして、色々なことをやり遂げるんだ」

 

76ersは全員が『8』と『24』のジャージーを着用してウォームアップに臨んだほか、ベン・シモンズはスニーカーの両足に「Mamba Forever」と「RIP Gigi(ブライアントの娘ジアナの愛称)」を刻み、17得点を記録しました。

 

blank

76ersを”少し違う”ものに変える2人の存在

2020-01-08

待望の最新作
「NBA 2K20」

blank

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!