2020年のNBA王者はロサンゼルス・レイカーズ!

考察

アンドレ・ドラモンドを含む、キャバリアーズとピストンズ間のトレード評価

デトロイト・ピストンズは当初、アンドレ・ドラモンドを含むトレードについてアトランタ・ホークスと交渉を続けてきましたが、ホークスがクリント・カペラを獲得したことによって、そのシナリオの可能性は完全に消滅しました。

代わりにドラモンドを獲得したのは、どこからともなく現れたクリーブランド・キャバリアーズで、これは様々な意味で多くの人を驚かせるトレードとなりました。

ここではアンドレ・ドラモンドを含む、キャバリアーズとピストンズ間のトレードの詳細と、各チームの評価を見ていきましょう。

トレード詳細

キャバリアーズの獲得 ピストンズの獲得
アンドレ・ドラモンド ブランドン・ナイト

ジョン・ヘンソン

2023年2巡目指名権(ウォリアーズもしくはキャバリアーズの、どちらか低い方)

各チームの評価

クリーブランド・キャバリアーズ

アンドレ・ドラモンドがフリーエージェントとなる可能性がある今年の夏までに、彼がチームと適合する存在であるのかどうか――キャバリアーズは、それを低コストで可能にしたと言えるでしょう。

仮にドラモンドが来シーズンの2,880万ドルのプレイヤーオプションを行使したとしても、キャバリアーズは2020年の夏に大きな動きを見せるチームとは考えられていなかったため、それほど問題は無いはずです。

また、ドラモンドは26歳とまだ若さがあるため、キャバリアーズが目指している若い選手を育てていく計画にも、ある程度一致している部分があります。

コート上では、ケビン・ラブやトリスタン・トンプソンの働きによってキャバリアーズは既に強力なリバウンド力がありますが、ここにリーグ最高クラスのリバウンダーが追加されることになりました。

ただし、リーグ29位のディフェンシブ・レーティングを改善するためにドラモンドを獲得したのであれば、それは少し的外れな補強だと言えるでしょう。

ドラモンドが優れたショットブロッカーであることは紛れもない事実ですが、『Synergy Sports Technology』によれば、ドラモンドはリム周辺で1.178ポイント(1ポゼッションあたり)を許しており、これはリーグの18パーセンタイルに位置するほどであるため、リムプロテクトで悪い評価を得ています。

とはいえ、チームへの影響がどうであれ、最小限の価格で価値のある賭けができたことは、十分に評価されるべきでしょう。



デトロイト・ピストンズ

多くの人々は、ピストンズが得たものを見て困惑したことでしょう。

ドラモンドは、長きに渡ってトレード市場で注目を浴びてきただけに、彼を欲しがるチームはいくつもあったはずです。

事が起きてからの考察とはなってしまいますが、ピストンズがもっとドラモンドのトレードに積極的であれば、避けられない再建を迎える中で、今回よりもはるかに良い見返りを得られたのではないでしょうか?

今回のトレードでピストンズが得たのは、今シーズンで契約の切れる2選手と、1つの2巡目指名権であり、これは実質的にキャバリアーズのサラリーダンプを引き受けたようなものです。

[kanren postid="17516,17510"]

-考察
-, ,

© 2020 NBA TOPICS