トピックス

親友の元へ移籍したディアンジェロ・ラッセル「夢が叶った」

ディアンジェロ・ラッセルはトレード期限直前に、ゴールデンステート・ウォリアーズからミネソタ・ティンバーウルブズへトレードされたことで、ウルブズに在籍する親友の一人であるカール・アンソニー・タウンズと共にプレイすることが可能となりました。



『ESPN』によれば、ラッセルはタウンズと一緒にプレイできる喜びについて語っています。

「夏にはそのことについて冗談を言い合っていたんだ。僕たちはディナーに行くたびに、そのことについて冗談を言い合っている。だけど、それが実現するなんてね。夢が叶ったよ。目を覚まして、自分が置かれている状況を見て、誰かが僕にここに居てほしいと思っているのを感じる。今、僕にとっては非現実的な瞬間さ」

新たな若きデュオが、将来のウルブズを引っ張ってくれることに期待しましょう。

[kanren postid="17516,17498"]

-トピックス
-

© 2020 NBA TOPICS