2020年のNBA王者はロサンゼルス・レイカーズ!

リポート

デイミアン・リラードに対する罰金処分は無し

2月7日(日本時間8日)に行われたポートランド・トレイルブレイザーズ対ユタ・ジャズ戦の試合終了間際に起きたミスジャッジに基づき、NBAはブレイザーズのデイミアン・リラードの試合後の発言、関係者に向けられたツイートに対し、罰金を科さない意向であることを示しました。



問題となったプレイは、ジャズが2点リードで迎えた第4クォーター残り13.5秒、リラードの放ったレイアップがユタ・ジャズのルディ・ゴベアにブロックされた瞬間でしたが、本来であればゴールテンディングであり、リラードの得点が認められるはずでした。

しかし、審判はこれを見逃して笛を吹かなかったため、ブレイザーズ側が抗議してもレビューによる再判定は行われませんでした。

最終的に試合は117-114でジャズが勝利を収め、リラードは試合後にも不満を漏らしました。

「試合の最後になると、彼らは簡単なコールも見逃す。そして、彼らは簡単にノーコールだと言うんだ。明らかにゴールテンディングでは無かったかのようにね」

試合後に審判団はゴールテンディングであることを認めましたが、リラードはその声明に対してもTwitter上で怒りをあらわにしています。

そんなふざけたことは聞きたくもない

この日、リラードは42得点と爆発的な夜を過ごしましたが、失った勝利を取り戻すことはできません。

NBAは、誤審に対する根本的な解決を探し続ける必要があるでしょう。

[kanren postid="17425,17420"]

-リポート
-

© 2020 NBA TOPICS