マービン・バグリー三世の今シーズン中の復帰に陰り?

出典:flipboard.com

サクラメント・キングスのマービン・バグリー三世は、2月8日(日本時間9日)のサンアントニオ・スパーズ戦を欠場した代わりに、ウォーキングブーツを着用してロッカールームで待機していました。

 

『NBCS Bay Area』のジェームス・ハン氏によれば、バグリーは左中足部の捻挫を悪化させて以来初めて、メディアにコメントを残しました。

 

「ポジティブな姿勢を保ち、自分がコントロールできることをコントロールしながらやっている」



バグリーは元々、12月26日(同27日)のミネソタ・ティンバーウルブズ戦で足を負傷し、その後8試合に欠場しましたが、1月18日(同19日)のユタ・ジャズ戦で復帰した後に負傷を悪化させました。

 

にも関わらず、彼は2日後のマイアミ・ヒート戦に38分間も出場したため、今はこうしてウォーキングブーツを着用せざるを得ない状況になっています。

 

チームは先週、オールスターウィークエンドが終わった後にバグリーの再検査を行うと発表しましたが、残り30試合となった今シーズン中に復帰できるか尋ねられたバグリーは、その可能性について曖昧な答えを導き出しました。

 

「ぜひ復帰したいと思っているけど、まだ先の話だ。僕にとって今最も大事なことは、自分の健康を確認すること。正直言って、僕はそれを一日一回やるだけで、あまり先のことは考えないようにしている」

 

3週間後に再検査を行うというチームの声明が1月30日に発表された後、バグリーは全てのソーシャルメディアのアカウントの更新を止めました。

 

バグリーにとってその決断は、度重なる負傷問題に伴う否定的な感情から、自身を守るのに役立ったと言います。

 

「徐々にインスタグラムは戻っているけど、自分が決めたことであり、自分がしたことに満足しているよ」



バグリーは今シーズン中の復帰を望んでおり、キングスも可能な限り早くコートで彼の姿を見たいと考えているでしょう。

 

しかし、彼らはバグリーに多くの投資をしていることを考えると、今後は復帰に対して慎重なアプローチを取っていくかもしれません。

 

キングスに指名されると本気で感じていたルカ・ドンチッチ

2020-01-19

【NBA Rakuten】でNBAを観戦しよう


待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!