2020年のNBA王者はロサンゼルス・レイカーズ!

トピックス

薬物検査を受けていたブラッドリー・ビール「50得点を取ってほしくないんだろう」

ワシントン・ウィザーズのブラッドリー・ビールは、NBAに目をつけられていたようです。

ビールは2月23日(日本時間24日)のシカゴ・ブルズ戦で53得点、24日(同25日)のミルウォーキー・バックス戦で55得点を記録し、2007年のコービー・ブライアント以来初めてとなる連戦の両方で50得点以上を記録した選手となりました。



ビールは素晴らしいパフォーマンスと引き換えに、何を得たでしょうか?

どうやら、それは”薬物検査”だったようです。

ビールは26日(同27日)のブルックリン・ネッツ戦で30得点を記録し、チームの勝利に貢献した後、記者団に対してこう言いました。

「リーグは僕に50得点を取ってほしくないんだろうな。今日は薬物検査を受けたよ」

また、ビールはネッツ戦でボックス・アンド・ワンのディフェンスを受けたことについて、ネッツのギャレット・テンプルに「高校以来そんなディフェンスを見たことがない」と話したことを明かしました。

ただ、ネッツがビールにボックス・アンド・ワンのディフェンスを仕掛けたということに、ウィザーズは危機感を募らせる必要があるでしょう。

今シーズンのビールは、(成績の)悪いチームに在籍する良い選手という印象がありましたが、この1ヶ月間でその見方はより強まりました。

1月26日以降、ビールは13試合で平均36.7得点を記録していますが、チームは6勝7敗と思うように勝利を挙げられていません。

さらに、6勝を挙げた際のビールの平均得点が31.2得点であるのに対し、7敗を喫した際の方が平均41.4得点と高くなっています。

今後も、ビールに対してボックス・アンド・ワンが仕掛けられる可能性が無いとは言えないでしょう。

その時、彼以外に試合に影響を与えられる選手が居なければ、ウィザーズはより苦戦を強いられることになります。

[kanren postid="17775"]

-トピックス
-

© 2020 NBA TOPICS