リポート

ユスフ・ヌルキッチがロケッツ戦で復帰へ「待ち遠しい」

ポートランド・トレイルブレイザーズのセンターであるユスフ・ヌルキッチが、3月15日(日本時間16日)のヒューストン・ロケッツ戦で復帰すると、『Yahoo! Sports』のクリス・ヘインズ記者が伝えています。

ヌルキッチは昨年の3月25日に行われたブルックリン・ネッツ戦で左脛骨と腓骨の複雑骨折を負い、約1年間の離脱を余儀なくされていました。



ヘインズ記者によれば、ヌルキッチは復帰について次のようにコメントしています。

「チームのプレイオフ進出を手助けする準備は整っている。時は来た。

身体的には問題ない。最近はふくらはぎの肉離れがあったけど、それは普通の怪我に過ぎない。復帰することに疑いは無かったけど、自分が100%の状態になっていることを確認しなければならなかったんだ。(3月15日の復帰が)待ち遠しいよ」

昨シーズンのヌルキッチは平均15.6得点、10.4リバウンド、フィールドゴール成功率50.8%を記録し、チームのプレイオフ進出に大きく貢献しました。

一方で今シーズンのブレイザーズは、8位のメンフィス・グリズリーズを3.5ゲーム差で追っており、ヌルキッチの力を必要としています。

ヌルキッチは、昨年の夏に加入した同じセンターのハッサン・ホワイトサイドと一緒にプレイすることについて、次のように語りました。

「今後の計画は分からないけど、僕はどうしたらこのチームがプレイオフに進出できるかを考えている。チームのために試合に出る時間を犠牲にして、スタッツには表れない小さなことをして、プレイオフのために試合に出るだけだ。僕たちにはチャンスがある。チャンスがあるなら、掴みに行かなければならない」

またヌルキッチは、チームやファンからの揺るぎないサポートのおかげで、復帰するまでの長い道のりを耐えることができたと感謝しました。

「怪我をした日、ファンや選手たちが連絡してきてくれたことに感動した。みんなに感謝しているよ。この過程を通じて、ファンや街が素晴らしいものであると感じた。彼らは、僕がチームのために最善を尽くすことを理解してくれている。彼らが僕にしてくれたことを、僕は絶対に忘れないよ」

[kanren postid="17905"]

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-リポート
-

© 2021 NBA TOPICS