トピックス

4連敗から抜け出したロケッツ、指揮官は「勝つのは難しい」

3月10日(日本時間11日)に行われたミネソタ・ティンバーウルブズ対ヒューストン・ロケッツの一戦は、ロケッツが117-111でウルブズを下して4連敗から抜け出しました。



ウルブズはNBAで3番目に低い勝率を記録しており、この日は大黒柱のカール・アンソニー・タウンズも欠場していましたが、ロケッツは第3クォーターに最大10点のリードを許すなど苦しい展開を強いられていました。

それでもロケッツは、80-73で迎えた第3クォーター最後の2分で10-0のランを決めて逆転すると、第4クォーターには最大13点のリードを奪って逃げ切りました。

第3クォーター最後の2分間で7得点、1アシスト、1スティールを記録したロケッツのラッセル・ウェストブルックは、その時のランについて「良い勢いだった」と語っています。

「第3クォーターのディフェンスを改善し、ペースを上げてプレイすることで良い仕事をしたと思う」

ロケッツのマイク・ダントーニ・ヘッドコーチは、連敗を止めたことについて次のように語っています。

「我々は何をする必要があるのか、どのようにプレイする必要があるのかを理解している。そして、我々は常にそれに忠実でなければならない。厳しい状況に陥ったら、よりタフにプレイしなければならないんだ。

勝つのは難しい。(連敗から)教訓を学び、戻ることがないといいね」

 

ロケッツはジェームズ・ハーデンがチーム最多の37得点、ウェストブルックが27得点、エリック・ゴードンが16得点を記録しました。

次は12日(同13日)にロサンゼルス・レイカーズ戦を控えています。

[kanren postid="17959,17898"]

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-

© 2021 NBA TOPICS