リポート

プレイオフで対戦する可能性がある相手に備えておくレイカーズ

カリフォルニア州では新型コロナウイルス対策の規則により、ロサンゼルス・レイカーズは通常業務の遂行にも支障が出ていますが、それでも生産性を維持する方法を見つけ出そうとしているようです。



『Los Angeles Times』のタニア・ガングリ記者によれば、レイカーズのフランク・ボーゲル・ヘッドコーチは、プレイオフで対戦するかもしれない相手に備えておくよう、スタッフに仕事を与えているようです。

フランク・ボーゲルは電話会談で、バスケットボールの再開にリーグが何をすべきかについて意見は無いものの、レギュラーシーズンが終わったかのように考え、プレイオフで対戦する可能性がある相手を調べるように、スタッフへ仕事を与えたと述べた。

現時点では、NBAシーズンが再開された時にプレイオフから始まるという見方もあります。

そしてその場合、ウェスタン・カンファレンス首位のレイカーズは、8位のメンフィス・グリズリーズと対戦することになるでしょう。

[kanren postid="18323,18285"]

-リポート
-,

© 2020 NBA TOPICS