シャキール・オニールがコービー・ブライアントの殿堂入り式典を見ない理由

今年の8月29日に開催が予定されているバスケットボール殿堂入り式典は、今年1月に亡くなったコービー・ブライアントをはじめ、ティム・ダンカン、ケビン・ガーネットといった豪華なメンバーが揃っています。

しかし、かつてロサンゼルス・レイカーズでブライアントと共に3度の優勝を経験したシャキール・オニールは、今年の殿堂入り式典を見ないことにしているようです。



水曜日、オニールは自身のポッドキャストの中で、ブライアントの殿堂入り式典を見ない理由について語りました。

「殿堂入り式典を見るつもりはない。悲しみのスケールを1から10で表すとすると、今は2だ。それを7、8、9に戻したくはない。古いハイライトも見たくはないんだ。彼の妻や、母親や父親のスピーチなら、後で見ることにするよ」

オニールはこれまでも、かつてのチームメイトの死に対しての感情をオープンにしてきました。

blank

コービー・ブライアント、ティム・ダンカン、ケビン・ガーネットらが殿堂入り

2020-04-05
blank

コービー・ブライアントがキャリア最後の試合で使っていたタオルがオークションで落札

2020-03-31

いつでもNBAを楽しむには?

”NBA Rakuten”なら「NBA」をいつでも楽しめます!様々なプランから自分に合ったプランを選び、波乱の2019-20シーズンを堪能しましょう。10月31日まではディスカウントキャンペーンも実施中。