トピックス

シャキール・オニールがコービー・ブライアントの殿堂入り式典を見ない理由

今年の8月29日に開催が予定されているバスケットボール殿堂入り式典は、今年1月に亡くなったコービー・ブライアントをはじめ、ティム・ダンカン、ケビン・ガーネットといった豪華なメンバーが揃っています。

しかし、かつてロサンゼルス・レイカーズでブライアントと共に3度の優勝を経験したシャキール・オニールは、今年の殿堂入り式典を見ないことにしているようです。



水曜日、オニールは自身のポッドキャストの中で、ブライアントの殿堂入り式典を見ない理由について語りました。

「殿堂入り式典を見るつもりはない。悲しみのスケールを1から10で表すとすると、今は2だ。それを7、8、9に戻したくはない。古いハイライトも見たくはないんだ。彼の妻や、母親や父親のスピーチなら、後で見ることにするよ」

オニールはこれまでも、かつてのチームメイトの死に対しての感情をオープンにしてきました。

[kanren postid="18404,18323"]

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-

© 2021 NBA TOPICS