リポート

ナゲッツ、ブレイザーズ、キャバリアーズが5月8日から練習施設の利用再開へ

デンバー・ナゲッツ、ポートランド・トレイルブレイザーズ、クリーブランド・キャバリアーズの少なくとも3チームが、5月8日から練習施設の利用が再開できると、『USA Today』や『Cleveland.com』が伝えています。

これらのチームに関しては、一度に施設に入れる人数(4人まで)や、トレーニングの方法などが厳しく規制されると伝えられています。

『USA Today』のジェフ・ジルジット記者やマーク・メディナ記者によれば、アトランタ・ホークス、マイアミ・ヒート、ミルウォーキー・バックスも早ければ来週には練習施設の利用再開が認められるようです。

一方で、ヒューストン・ロケッツは当初5月8日に利用再開と考えられていましたが、テキサス州のグレッグ・アボット知事がジムの再開を5月18日まで延期したため、ロケッツもそれに合わせることとなりました。

ボストン・セルティックス、ダラス・マーベリックス、ミネソタ・ティンバーウルブズは再開の計画の詳細を明らかにしていないほか、他の多くのチームも地方自治体の条例や、医療専門家に判断を委ねているため、今のところ動きは見られないと言えるでしょう。

また、ゴールデンステイト・ウォリアーズはサンフランシスコ市の条例に基づいて5月31日まで自宅待機を命じられているため、6月まで練習施設の利用再開ができません。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-リポート
-

© 2021 NBA TOPICS