トピックス

ギルバート・アリーナスとチームメイトでなければ、ニック・ヤングはもっと成長していた?

2003年から2010年にかけてワシントン・ウィザーズに在籍していたギルバート・アリーナスは、2007年にルーキーとしてウィザーズに入団したニック・ヤングについて、意外なコメントを残しています。

水曜日、『Reddit AMA』でファンからの「ニック・ヤングにしてしまった最悪のことは?」という質問に対し、アリーナは次のように答えました。

ファン:「全盛期のギルバート・アリーナスは私のお気に入りの選手の一人で、あなたの悪ふざけのいくつかも伝説的だった。あなたがニック・ヤングにしてしまった最悪の悪ふざけは何?」

アリーナス:「彼が私の(在籍しているチームの)ルーキーになってしまったことだ。もし彼が私のルーキーになっていなければ、もっと良い仕事をしていただろう。彼には相応の能力があったからね」

結果的に、ヤングは表面的なスコアラーとしてキャリア4年目の2010-11シーズンには平均17.4得点を、ロサンゼルス・レイカーズへ移籍した2013-14シーズンには平均17.9得点を記録しましたが、それ以上の存在を確立することができずにいます。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-

© 2021 NBA TOPICS