選手としても、コーチとしても、とんでもないキャリアを持つスティーブ・カー

スティーブ・カーは決して見出しを飾るような選手やコーチではなかったかもしれませんが、NBAの歴史を語る上で彼の名前は欠かせないでしょう。

マイケル・ジョーダンを擁するシカゴ・ブルズ――ティム・ダンカンやデイビッド・ロビンソンを擁するサンアントニオ・スパーズ――ステフィン・カリーを擁するゴールデンステート・ウォリアーズ――。

こうしたチームの優勝は、しばしばチームの中心選手の名前から始まりますが、その陰にはスティーブ・カーという名前が存在するのです。

選手としてのスティーブ・カー

今では考えられないような下層から、カーのキャリアはスタートしました。

彼はアリゾナ大で5年間を過ごした後、1988年のドラフトでフェニックス・サンズに2巡目全体50位で指名を受けたのです。

それから、クリーブランド・キャバリアーズへトレードされたカーは徐々にNBAの水に順応し始めましたが、キャバリアーズで3年間を過ごした1992-93シーズンの終わり頃に、オーランド・マジックへトレードされました。

そして当時シカゴ・ブルズのゼネラルマネージャーであったジェリー・クラウスは、カーが3ポイントシュートのスペシャリストを熱望していることを知っていたため、1993年のフリーエージェントでカーと契約を結ぶことを決めました。

それが伝説の始まりであり、その後の歴史はよく知られているように、カーはブルズの2度目の3連覇で重要な役割を果たしています。

同時に、彼の労働倫理はリーグで大きな評判を与え、ジョーダンが2度目の引退を発表した後、スパーズのグレッグ・ポポビッチ・ヘッドコーチがカーに目をつけました。

そしてダンカンやロビンソンの隣でプレイし、カーは自身のキャリアの中で4連覇(ビル・ラッセルが居た頃のセルティックスの選手以来初)を成し遂げたのです。

その後、カーは一度ポートランド・トレイルブレイザーズへトレードされながらも、1年後に再びスパーズへ復帰し、キャリア最後のシーズンを自身5度目の優勝で締めくくりました。

結果的にカーは5度の優勝を飾りましたが、それは単純にチームメイトに恵まれていたというわけではありません。

なぜなら、カーのキャリア平均3ポイントシュート成功率は45.4%で、これは今でも破られていない歴代トップの数字でもあり、彼自身が優勝に貢献できる歴代屈指の名シューターであることを証明したためです。



コーチとしてのスティーブ・カー

引退後、アナリストやコメンテーターを務めていたカーは、フェニックス・サンズの球団社長兼GMを務めることもありましたが、2010年には辞任しています。

数年間はほとんど話題の無かったカーでしたが、転機は2014年に訪れました。

彼はニューヨーク・ニックスからのヘッドコーチのオファーを断り、マーク・ジャクソンの後任としてゴールデンステート・ウォリアーズのヘッドコーチになることを決断したのです。

今となっては、正しい決断だったと誰もが言うでしょう。

もちろんウォリアーズでの成功もありますが、同時期にニックスに雇用されたデレック・フィッシャーは2年後に解任されたためでもあります。

カーが指揮を執るラン&ガンのスタイル、速いペースのオフェンスはリーグを席巻し、カリーとクレイ・トンプソンのスプラッシュブラザーズを新境地に引き上げ、数人のベテランを迎え入れたことによって、ウォリアーズはNBAで最も支配的なチームの一つとなりました。

ウォリアーズは、カーが選手時代(ブルズ)で経験したシーズン最多勝を73勝9敗と更新し、5年連続NBAファイナル進出や、3度の優勝に輝きました。

もちろん、それはウォリアーズに素晴らしい選手が揃っていたためでもありますが、そうした選手たちをまとめ上げることができるコーチは多く居るものではありません。

カーが選手としてとんでもないキャリアを残してきたからこそ、とんでもないコーチになれたとも言えるでしょう。


いつでもNBAを楽しむには?

”NBA Rakuten”なら「NBA」をいつでも楽しめます!様々なプランから自分に合ったプランを選び、波乱の2019-20シーズンを堪能しましょう。10月31日まではディスカウントキャンペーンも実施中。