シーズン再開に含まれないチームで”ミニ・サマーリーグ”の開催を検討か

オーランドのシーズン再開に関与しない8チームは、3月にシーズンが中断されてから、おそらく来シーズンを迎える12月までの9ヶ月間、試合の無い状況に置かれています。

従来のオフシーズンでも約6ヶ月間であることを考えると、これらのチームにとって9ヶ月のブランクは様々なことに悪影響を及ぼす可能性があると言えるでしょう。

シーズン再開に関与しないチームはそうした事態を防ぐため、トレーニングキャンプやミニ・サマーリーグの開催を検討していると、『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー記者は伝えています。

blank

2019-20シーズンの再開に関するQ&A

2020-06-05



ウォジナロウスキー記者によれば、ゴールデンステート・ウォリアーズを除いた7チーム(アトランタ・ホークス、シャーロット・ホーネッツ、シカゴ・ブルズ、クリーブランド・キャバリアーズ、デトロイト・ピストンズ、ミネソタ・ティンバーウルブズ、ニューヨーク・ニックス)は、今後の活動について以下のようなことを検討しているようです。

  • 7月に自主的、および義務的なトレーニングを組み合わせたワークアウトの開催
  • 8月にミニキャンプの開催(数日間の合同練習や、テレビ中継される約3試合の開催)
  • 9月中旬に組織的なチーム活動
  • シーズン再開に関与しなかったチームのみ、来シーズンのトレーニングキャンプの開始を7~10日間早めることをリーグに要求

これらのチームは長期のブランクについて、特に若い選手の成長に影響が出ることを懸念しています。

ホークスのオーナーであるトニー・レスラーは「組織化されたバスケットボールが無ければ9ヶ月は長すぎる」と語りました。

「そんな危険を冒すわけにはいかない。リーグにもしっかりと届いていると思う。我々は競争力を維持するために努力しているんだ。それが選手の望みでもある。我々は競争力を維持できる何かを、必死で手に入れようとしている」

ウォジナロウスキー記者は、こうした試合、トレーニングキャンプ、その他の活動などは団体交渉協定に含まれていないため、承認にはリーグと選手会が交渉しなければならないと指摘しました。

とはいえ、9ヶ月間も何もできなかったチームと、2~3ヶ月前まで試合を行っていたチームでは、2020-21シーズンのスタートラインが同じとは言えないことは確かです。

【投票】

シーズン再開に関与しないチームに、追加のトレーニングキャンプや試合は必要?
  • 必要 93%, 63
    63 93%
    63 票 - 93%
  • 必要ではない 7%, 5
    5 7%
    5 票 - 7%
全体の票数: 68票
2020-06-07 - 2020-06-14
この投票は終了しました

いつでもNBAを楽しむには?

”NBA Rakuten”なら「NBA」をいつでも楽しめます!様々なプランから自分に合ったプランを選び、波乱の2019-20シーズンを堪能しましょう。10月31日まではディスカウントキャンペーンも実施中。