キャバリアーズ元ACのフィル・ハンディが語る、レブロン・ジェームズとカイリー・アービングの本当の関係

2013年から2018年にかけてクリーブランド・キャバリアーズのアシスタントコーチを務めてきたフィル・ハンディは、レブロン・ジェームズ、カイリー・アービング、ケビン・ラブのトリオが、2014年から2017年にかけてチームをイースタン・カンファレンスの王者に導いてきたことを見届けてきました。

その中には歴史的な2016年の優勝もありますが、一方で2017年にはアービングがチームにトレードを要求して移籍するという出来事もありました。



ジェームズとアービングの関係は、主にジェームズを中心とした報道の影響によって、時にギクシャクしていると噂されることもありました。

しかし、ハンディは『ClutchPoints』のトメル・アザリー記者とのインタビューの中で、ジェームズとアービングの本当の関係についても語っています。

「私の意見では、2人は史上最高のコンビの一つだ。彼らは互いの関係を理解していた。どちらもボールを手に持つ必要があったから、彼らは互いに影響を与えずにプレイする方法を見出した。(当時のキャバリアーズのヘッドコーチである)タロン・ルーはそれをうまく管理し、彼らを成功に導くことができた。彼らはとても仲が良かったんだ。

人々は常に、優れた選手と別の優れた選手を対立させようと、物語を作っていると思う。しかし、ブロンは加入した時に”自分がここに居るのは、チームメイト全員を助けるためだ”と考えていた。それこそが、彼が見せてきた態度であり、カイリーもそれを受け入れたため、成功したんだ。あと数年は続いてほしかったよ」

昨年、アービングは自分自身がリーダーになることを望んだためにトレードを要求し、それを行っているジェームズの苦労を理解していなかったことを明かしました。

結局のところ、トレードの要求はアービングの向上心のようなものであり、ジェームズとアービングは良好な関係を築いていたということです。


いつでもNBAを楽しむには?

”NBA Rakuten”なら「NBA」をいつでも楽しめます!様々なプランから自分に合ったプランを選び、波乱の2019-20シーズンを堪能しましょう。10月31日まではディスカウントキャンペーンも実施中。