ホークスがシーズン再開に含まれなかったことに、トレイ・ヤングは「フラストレーションが溜まっている」

アトランタ・ホークスのトレイ・ヤングは、キャリア2年目の輝かしいシーズンをオーランドで再開させられないことに怒りを感じているようです。

『ESPN』のマリカ・アンドリュース記者によれば、ヤングはオーランドで再開される2019-20シーズンにホークスが含まれなかったことに対し、「馬鹿げている」「フラストレーションが溜まっている」と語りました。

それでもヤングは、成績の低さからホークスがシーズン再開に含まれなかったことを理解しており、「来シーズンはこの場所に居ないようにという強いモチベーションとなる」ともコメントしました。

今シーズン、21歳のヤングは平均29.6得点、9.3アシストを記録し、オールスターゲームのスターターにも選出されました。

ホークスは20勝47敗を記録し、リーグで4番目に悪い成績と振るわなかったものの、若い選手の楽しみな成長が妨げられたという点では、シーズン再開に含まれなかったことを残念に思わずにはいられないでしょう。


いつでもNBAを楽しむには?

”NBA Rakuten”なら「NBA」をいつでも楽しめます!様々なプランから自分に合ったプランを選び、波乱の2019-20シーズンを堪能しましょう。10月31日まではディスカウントキャンペーンも実施中。