考察

シーズン再開後の各チームの展望【フェニックス・サンズ編】

今年3月に中断されたNBAの2019-20シーズンは、7月30日からオーランドのウォルト・ディズニー・ワールドで再開され、招待された計22チームがプレイオフ進出やシードを懸けてそれぞれ8試合のシーディングゲーム(順位決定戦)を戦います。

ここでは、各チームごとのシーズン再開後の展望についてチェックしてみましょう。

今回はフェニックス・サンズ編です。

関連記事
シーズン再開後の各チームの展望

続きを見る

対戦日程(カッコ内は日本時間)

  • 7月31日(8月1日):ワシントン・ウィザーズ
  • 8月2日(3日):ダラス・マーベリックス
  • 8月4日(5日):ロサンゼルス・クリッパーズ
  • 8月6日(7日):インディアナ・ペイサーズ
  • 8月8日(9日):マイアミ・ヒート
  • 8月10日(11日):オクラホマシティ・サンダー
  • 8月11日(12日):フィラデルフィア・76ers
  • 8月13日(14日):ダラス・マーベリックス

主な離脱選手

  • ケリー・ウーブレイJr.

注目ポイント

サンズがウェスタン・カンファレンスの8位のメンフィス・グリズリーズと6.0ゲーム差で離れていることを考えると、プレイオフ進出の可能性はまだ残されていると考えることもできるでしょう。

しかし、プレイイン・トーナメントの出場権が与えられるのは9位のチームであるため、ウェスト12位につけるサンズには越えなければならないチームがいくつもあります。

また、サンズの2試合目以降は全てプレイオフ圏内にあるチームとの対戦となっており、主力のケリー・ウーブレイJr.も負傷離脱していることから、彼らのプレイオフ進出は想像以上に厳しい道のりとなります。

そのため、サンズがエースであるデビン・ブッカーに長時間の出場機会を与えるのは、必ずしも賢明な判断とは言えません。

若い選手が力を付けつつあるサンズが目を向けるべきは長期的な計画であるため、最悪の場合、サンズが最初の4試合に敗れれば、残りの全試合でブッカーを休ませる判断を取ったとしても責めることはできないでしょう。

サンズのロスターはリーグ最年少であり、選手のキャリア年数は平均2年ほどであるため、彼らはシーディングゲームの時間を若手選手のために活用することができます。

例えば、シーズン後半からチームに影響を与えるリザーブとなった新人キャメロン・ジョンソンなどは、このシーディングゲームで出場機会を増やすことが期待できるため、彼らの将来を評価するという点で一見の価値があるかもしれません。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-考察
-,

© 2021 NBA TOPICS