考察

シーズン再開後の各チームの展望【ワシントン・ウィザーズ編】

今年3月に中断されたNBAの2019-20シーズンは、7月30日からオーランドのウォルト・ディズニー・ワールドで再開され、招待された計22チームがプレイオフ進出やシードを懸けてそれぞれ8試合のシーディングゲーム(順位決定戦)を戦います。

ここでは、各チームごとのシーズン再開後の展望についてチェックしてみましょう。

今回はワシントン・ウィザーズ編です。

関連記事
シーズン再開後の各チームの展望

続きを見る

対戦日程(カッコ内は日本時間)

  • 7月31日(8月1日):サンアントニオ・スパーズ
  • 8月2日(3日):ブルックリン・ネッツ
  • 8月3日(4日):インディアナ・ペイサーズ
  • 8月5日(6日):フィラデルフィア・76ers
  • 8月7日(8日):ニューオーリンズ・ペリカンズ
  • 8月9日(10日):オクラホマシティ・サンダー
  • 8月11日(12日):ミルウォーキー・バックス
  • 8月13日(14日):ボストン・セルティックス

主な離脱選手

  • ブラッドリー・ビール
  • ダービス・ベルターンス
  • ジョン・ウォール

注目ポイント

イースタン・カンファレンス8位のオーランド・マジックを5.5ゲーム差で追いかける同9位のウィザーズは、ただでさえプレイオフ進出への道のりが困難であったにも関わらず、ブラッドリー・ビールとダービス・ベルターンスのシーズン再開辞退が、それに拍車をかけることになりました。

今シーズンのウィザーズは平均得点でリーグ6位と素晴らしい得点力を披露してきましたが、それを牽引していたのがチーム内で平均得点が最も高いビール(30.5得点)と、2番目に高いベルターンス(15.4得点)でした。

興味深いことに、彼らが離脱することによって最も平均得点が高いのは八村塁となり、彼は今シーズン平均13.4得点を記録しています。

8位のチームと4.0ゲーム差以内に縮めることができれば、プレイオフ進出を懸けたプレイイン・トーナメントに希望を残せるとはいえ、ウィザーズの大躍進に期待している人々はそれほど多くないというのが現実でしょう。

しかし、彼らにとってはこの状況をポジティブに捉えることもできます。

八村、トーマス・ブライアント、モリッツ・バグナ―、アイザック・ボンガ、ジェローム・ロビンソン、トロイ・ブラウンJr.といった若い選手たちにとっては、8試合全てで自分たちよりも良い成績を残しているチームと戦える貴重な経験となります。

また、今年のオフシーズンにフリーエージェントとなるシャバズ・ネイピアや、ギャリー・ペイトン二世を評価する機会として利用することも可能です。

もちろん、ウィザーズのプレイオフ進出が不可能であるとは言いませんが、今の彼らに最も注目すべき部分があるとすれば、来シーズンに向けて勢いをつける若手選手の活躍だと言えるでしょう。

【投票】

八村塁はシーズン再開後に平均何得点を記録する?
  • 平均15~20得点 51%, 67
    67 51%
    67 票 - 51%
  • 平均20~25得点 40%, 53
    53 40%
    53 票 - 40%
  • 平均10~15得点 5%, 7
    7 5%
    7 票 - 5%
  • 平均25~30得点 3%, 4
    4 3%
    4 票 - 3%
  • 平均30得点以上 1%, 1
    1 1%
    1 票 - 1%
  • 平均10得点未満 0%, 0
    0
    0 票 - 0%
全体の票数: 132票
2020-07-20 22:04 - 2020-07-29 0:00
この投票は終了しました

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-考察
-, ,

© 2021 NBA TOPICS