考察

シーズン再開後の各チームの展望【サンアントニオ・スパーズ編】

今年3月に中断されたNBAの2019-20シーズンは、7月30日からオーランドのウォルト・ディズニー・ワールドで再開され、招待された計22チームがプレイオフ進出やシードを懸けてそれぞれ8試合のシーディングゲーム(順位決定戦)を戦います。

ここでは、各チームごとのシーズン再開後の展望についてチェックしてみましょう。

今回はサンアントニオ・スパーズ編です。

関連記事
シーズン再開後の各チームの展望

続きを見る

対戦日程(カッコ内は日本時間)

  • 7月31日(8月1日):サクラメント・キングス
  • 8月2日(3日):メンフィス・グリズリーズ
  • 8月3日(4日):フィラデルフィア・76ers
  • 8月5日(6日):デンバー・ナゲッツ
  • 8月7日(8日):ユタ・ジャズ
  • 8月9日(10日):ニューオーリンズ・ペリカンズ
  • 8月11日(12日):ヒューストン・ロケッツ
  • 8月13日(14日):ユタ・ジャズ

主な離脱選手

  • ラマーカス・オルドリッジ
  • トレイ・ライルズ

注目ポイント

スパーズは現在22年連続でプレイオフ進出を果たしていますが、我々はその大記録が途切れることを覚悟しておくべきかもしれません。

その理由は、ウェスタン・カンファレンス12位という成績を残しているから…76ersやナゲッツ、ジャズ、ロケッツといったタフなチームと戦うことになるから…主力のラマーカス・オルドリッジや、ローテーションプレイヤーのトレイ・ライルズが離脱しているから…とも言うことはできるでしょう。

しかし、最も大きかったのは、スパーズのグレッグ・ポポビッチ・ヘッドコーチがプレイオフ進出よりも若手選手の育成に焦点を当てていると語ったことです。

関連記事
グレッグ・ポポビッチHCが語る、スパーズの目標はプレイオフ進出よりも若手の育成

続きを見る

もちろん、若手中心の起用法でスパーズがプレイオフに出場できないとは言いませんが、万全のロスターでない彼らが23年連続プレイオフ進出を目指すには極めて困難な道のりが続いています。

とはいえ、将来を見据えたスパーズも一見の価値はありそうです。

例えば、オルドリッジの出場時間は24歳のヤコブ・パートルが一部を引き継ぐ可能性があり、昨年のドラフトで1巡目指名を受けたケルドン・ジョンソンや、ルカ・サマニッチにも、活躍の機会が巡ってくることが期待できるでしょう。

スパーズは常にプレイオフで戦い続けてきたことによって、若手選手の育成に力を入れる時間がほとんどありませんでした。

そう考えると、大記録がストップすることは残念ですが、将来のために必要なステップと捉えることもできます。

また、シーズン再開後の話ではありますが、来シーズンのプレイヤーオプションを持つデマー・デローザンがどのような決断を下すのかも気になるところでしょう。

デローザンは31歳とベテランの域に入っているため、若手選手を中心に起用されるシーディングゲームの中で、彼がチームに何を感じるのかも注目したいところです。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-考察
-,

© 2021 NBA TOPICS