考察

シーズン再開後の各チームの展望【サクラメント・キングス編】

今年3月に中断されたNBAの2019-20シーズンは、7月30日からオーランドのウォルト・ディズニー・ワールドで再開され、招待された計22チームがプレイオフ進出やシードを懸けてそれぞれ8試合のシーディングゲーム(順位決定戦)を戦います。

ここでは、各チームごとのシーズン再開後の展望についてチェックしてみましょう。

今回はサクラメント・キングス編です。

関連記事
シーズン再開後の各チームの展望

続きを見る

対戦日程(カッコ内は日本時間)

  • 7月31日(8月1日):サンアントニオ・スパーズ
  • 8月2日(3日):オーランド・マジック
  • 8月4日(5日):ダラス・マーベリックス
  • 8月6日(7日):ニューオーリンズ・ペリカンズ
  • 8月7日(8日):ブルックリン・ネッツ
  • 8月9日(10日):ヒューストン・ロケッツ
  • 8月11日(12日):ニューオーリンズ・ペリカンズ
  • 8月13日(14日):ロサンゼルス・レイカーズ

主な離脱選手

なし

注目ポイント

万全の状態でシーディングゲームを戦えるはずだったキングスですが、ここ数日間の練習で主力のディアロン・フォックス、マービン・バグリー三世が負傷したのは不運でした。

今シーズンのフォックスは45試合(平均31.7分)に出場し、平均20.4得点、4.0リバウンド、6.8アシストを記録しており、3ポイントシュートの低さや、ボール占有率の高さ、フリースロー率の高さを除けば、彼のスタッツはメンフィス・グリズリーズのジャ・モラントと遜色ないものです。

一方、バグリーは左足の捻挫や親指の負傷によって13試合しか出場できていなかったため、健康を取り戻した後のチームへの貢献に期待が寄せられていました。

彼らはシーズン再開時にはプレイ可能な状態に戻っているかもしれませんが、いくつかのチーム練習や、他チームとの練習試合に参加できないことを考えると、シーディングゲームを万全な状態で迎えられるとは言い難くなったかもしれません。

とはいえ、キングスがまだプレイオフ進出の可能性を残しているのも事実です。

現時点でキングスはウェスタン・カンファレンス11位ですが、ゲーム差では同9位ポートランド・トレイルブレイザーズ、同10位のニューオーリンズ・ペリカンズと並んでおり、同8位のメンフィス・グリズリーズを3.5ゲーム差で追いかけています。

そして、キングスはペリカンズほどではないものの、ブレイザーズよりは有利な対戦日程となっており、ペリカンズと2度に渡って対戦する機会も設けられています。

下手に負けを積み重ねず、ペリカンズとの直接対決で両方とも勝利することができれば、14年ぶりのプレイオフ進出にまた一歩前進できるでしょう。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-考察
-,

© 2021 NBA TOPICS