シーズン再開後の各チームの展望【ニューオーリンズ・ペリカンズ編】

今年3月に中断されたNBAの2019-20シーズンは、7月30日からオーランドのウォルト・ディズニー・ワールドで再開され、招待された計22チームがプレイオフ進出やシードを懸けてそれぞれ8試合のシーディングゲーム(順位決定戦)を戦います。

ここでは、各チームごとのシーズン再開後の展望についてチェックしてみましょう。

今回ニューオーリンズ・ペリカンズ編です。

blank

シーズン再開後の各チームの展望

2020-07-21

対戦日程(カッコ内は日本時間)

  • 7月30日(31日):ユタ・ジャズ
  • 8月1日(2日):ロサンゼルス・クリッパーズ
  • 8月3日(4日):メンフィス・グリズリーズ
  • 8月6日(7日):サクラメント・キングス
  • 8月7日(8日):ワシントン・ウィザーズ
  • 8月9日(10日):サンアントニオ・スパーズ
  • 8月11日(12日):サクラメント・キングス
  • 8月13日(14日):オーランド・マジック

主な離脱選手

なし

注目ポイント

言うまでもなく、昨年のドラフト全体1位指名選手であるザイオン・ウィリアムソンを再びコートで見られるというのは、リーグにとっても、チームにとっても、ファンにとっても、非常に大きな意味を持つでしょう。

今シーズンの開幕前に右膝の手術を受け、今年1月に公式戦デビューを果たした後に19試合に出場したと言えど、ウィリアムソンの印象深いパフォーマンスをもっと見たいと思った人々は少なくないはずです。

ウィリアムソン復帰後のペリカンズは、彼が出場した試合で10勝9敗と勝率5割程度ですが、この数字はあまりアテにしない方がいいかもしれません。

特に注目したいのが、ウィリアムソンが復帰する前後のペリカンズのネット・レーティング(100ポゼッションあたりの平均得失点差)です。

状況 オフェンシブ・レーティング ディフェンシブ・レーティング ネット・レーティング
ウィリアムソン復帰前 109.4(18位) 112.7(26位) -3.3(24位)
ウィリアムソン復帰後 113.2(11位) 109.2(8位) 4.0(7位)

※()はリーグ全体での順位

ネット・レーティング24位ではプレイオフ進出を目指すのにも心許ない成績ですが、同7位ほどの成績を残していれば、優勝争いが期待されているチームも警戒せずにはいられなくなるでしょう。

幸運なことに、ペリカンズはシーディングゲームで対戦相手の勝率が最も低いというアドバンテージを持っているため、シーズン中断前の強さをオーランドでも発揮できる可能性があります。

中でも、ウィリアムソン、ロンゾ・ボール、ドリュー・ホリデー、ブランドン・イングラム、デリック・フェイバーズで形成されるスターティングラインナップは、一見の価値があります。

サンプルの数が少ないとはいえ、彼ら5人がコートに立っていた時のネット・レーティングは驚異の26.3ポイントを記録しました。

もちろん、4ヶ月以上に渡るシーズン中断があったため、必ずしも理想的なバスケットボールができるとは限りません。

しかし、プレイオフ圏外に位置するチームの中で、最もプレイオフ進出のポテンシャルが高いチームはどこかと聞かれれば、おそらく答えはペリカンズとなるでしょう。

待望の最新作
「NBA 2K20」

blank

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!