考察

シーズン再開後の各チームの展望【オーランド・マジック編】

今年3月に中断されたNBAの2019-20シーズンは、7月30日からオーランドのウォルト・ディズニー・ワールドで再開され、招待された計22チームがプレイオフ進出やシードを懸けてそれぞれ8試合のシーディングゲーム(順位決定戦)を戦います。

ここでは、各チームごとのシーズン再開後の展望についてチェックしてみましょう。

今回はオーランド・マジック編です。

関連記事
シーズン再開後の各チームの展望

続きを見る

対戦日程(カッコ内は日本時間)

  • 7月31日(8月1日):ブルックリン・ネッツ
  • 8月2日(3日):サクラメント・キングス
  • 8月4日(5日):インディアナ・ペイサーズ
  • 8月5日(6日):トロント・ラプターズ
  • 8月7日(8日):フィラデルフィア・76ers
  • 8月9日(10日):ボストン・セルティックス
  • 8月11日(12日):ブルックリン・ネッツ
  • 8月13日(14日):ニューオーリンズ・ペリカンズ

主な離脱選手

  • ジョナサン・アイザック

注目ポイント

2年連続プレイオフ進出に向け、マジックに追い風が吹いていることは確かです。

イースタン・カンファレンス7位のブルックリン・ネッツと、同9位のワシントン・ウィザーズが、複数人の主力選手のシーズン再開辞退によって致命的とも言える打撃を受けたため、同8位のマジックは背後を心配せずに順位を上げることに専念できるかもしれません。

特に第8シードでプレイオフに進出した場合、今シーズンのリーグ最高勝率チームであるミルウォーキー・バックスとプレイオフの第1ラウンドで対戦することが予想されるため、マジックにとって順位を上げることは非常に大きな意味を持ちます。

ただし、マジックが第7シードでプレイオフに進出したとしても、対戦相手はトロント・ラプターズとなる可能性が高く、これは昨年のプレイオフの第1ラウンドの再戦となります。

昨年のプレイオフと言えば、センターのニコラ・ブーチェビッチ以上に証明が求められる選手はいないでしょう。

彼は昨シーズンにキャリア初のオールスターに選出され、マジックの7年ぶりのプレイオフ進出の原動力となりましたが、ラプターズとのシリーズでは大きく精彩を欠いてしまいました。

▼昨シーズンのブーチェビッチの平均スタッツ比較

得点 リバウンド FG% 3P%
レギュラーシーズン 20.8 12.0 51.8% 36.4%
プレイオフ第1ラウンド 11.2 8.0 36.2% 23.1%

もし、マジックが昨年以上の結果を残したいのであれば、やはりブーチェビッチのオールスター級のパフォーマンスは必要不可欠です。

昨年の夏には4年1億ドル(約107億円)の契約を結んだこともあり、ブーチェビッチが果たすべきことは多いようです。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-考察
-,

© 2021 NBA TOPICS