考察

シーズン再開後の各チームの展望【フィラデルフィア・76ers編】

今年3月に中断されたNBAの2019-20シーズンは、7月30日からオーランドのウォルト・ディズニー・ワールドで再開され、招待された計22チームがプレイオフ進出やシードを懸けてそれぞれ8試合のシーディングゲーム(順位決定戦)を戦います。

ここでは、各チームごとのシーズン再開後の展望についてチェックしてみましょう。

今回はフィラデルフィア・76ers編です。

関連記事
シーズン再開後の各チームの展望

続きを見る

対戦日程(カッコ内は日本時間)

  • 8月1日(2日):インディアナ・ペイサーズ
  • 8月3日(4日):サンアントニオ・スパーズ
  • 8月5日(6日):ワシントン・ウィザーズ
  • 8月7日(8日):オーランド・マジック
  • 8月9日(10日):ポートランド・トレイルブレイザーズ
  • 8月11日(12日):フェニックス・サンズ
  • 8月12日(13日):トロント・ラプターズ
  • 8月14日(15日):ヒューストン・ロケッツ

主な離脱選手

  • ザイール・スミス

注目ポイント

76ersが4ヶ月以上に渡るシーズン中断で得られた最大の恩恵の一つは、ベン・シモンズの健康です。

3月の時点でシモンズは腰の問題を抱え、無期限離脱となっていたため、従来通りにプレイオフが開始されていれば彼は100%の状態でコートに立てていなかったでしょう。

完全な健康を取り戻したシモンズは、オフェンス面ではインサイドでサイズを生かして得点を挙げ、ファシリテーターとして味方の得点にも貢献し、ディフェンス面でもリーグ屈指のディフェンダーとして相手を苦しめることができます。

シモンズが復帰することによって、ブレット・ブラウン・ヘッドコーチは様々なスターティングラインナップを扱えるようになります。

シーズンが中断する直前、76ersはアル・ホーフォードをベンチから起用しました。

オーランドでも同様の試みがあるとされる中で、シモンズ、ジョエル・エンビード、トバイアス・ハリス、ジョシュ・リチャードソンの隣に立つ5人目の選手は誰になるでしょうか?

もし、スペーシングをより活用したいのであれば、今シーズンの3ポイントシュート成功率で39.7%を記録しているフルカン・コルクマズは一つの選択肢です。

あるいはペリメーターディフェンスを強化したいのであれば、優れたディフェンダーであるマティス・サイブルは期待に応えてくれるはずです。

ゴールデンステイト・ウォリアーズとのトレードで獲得したアレック・バークスや、グレン・ロビンソン三世も、選択肢には入っているでしょう。

また、シーズン中断前に自身を確立しつつあったシェイク・ミルトンも先発起用される期待が高く、ボールのオン・オフを問わずにプレイできる選手としてベン・シモンズとも好相性を見せています。

いずれにしても、誰が先発の役割を任されるかによってローテーションプレイヤーの出場時間も変化してくるため、ブラウンHCの管理能力が試されるところです。

そして同時に、ブラウンHCの進退は今シーズンの結果に左右されると言っても過言ではありません。

今シーズン開幕前の76ersは優勝候補の一角として期待されていましたが、蓋を開けてみれば現時点でイースタン・カンファレンス6位に甘んじています。

優勝まではできなくとも、やはり過去数年間の成績を上回る――特にプレイオフのカンファレンス準決勝は突破したいところでしょう。

逆に第1ラウンドやカンファレンス準決勝で敗れれば、ブラウンHCの将来はいっそう怪しくなります。

彼の手腕を見届けるとともに、76ers全体が今シーズン開幕前の期待をどこまで取り戻せるかという点は注目に値します。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-考察
-,

© 2021 NBA TOPICS