考察

シーズン再開後の各チームの展望【ユタ・ジャズ編】

今年3月に中断されたNBAの2019-20シーズンは、7月30日からオーランドのウォルト・ディズニー・ワールドで再開され、招待された計22チームがプレイオフ進出やシードを懸けてそれぞれ8試合のシーディングゲーム(順位決定戦)を戦います。

ここでは、各チームごとのシーズン再開後の展望についてチェックしてみましょう。

今回はユタ・ジャズ編です。

関連記事
シーズン再開後の各チームの展望

続きを見る

対戦日程(カッコ内は日本時間)

  • 7月30日(31日):ニューオーリンズ・ペリカンズ
  • 8月1日(2日):オクラホマシティ・サンダー
  • 8月3日(4日):ロサンゼルス・レイカーズ
  • 8月5日(6日):メンフィス・グリズリーズ
  • 8月7日(8日):サンアントニオ・スパーズ
  • 8月8日(9日):デンバー・ナゲッツ
  • 8月10日(11日):ダラス・マーベリックス
  • 8月13日(14日):サンアントニオ・スパーズ

主な離脱選手

  • ボーヤン・ボグダノビッチ

注目ポイント

ルディ・ゴベアの新型コロナウイルス陽性反応がシーズン中断の引き金になった後、ゴベアとドノバン・ミッチェルの衝突は一時的に噂になりました。

彼らは互いに和解したことを既に認めているものの、実際にケミストリーが損なわれていないかどうかはシーズンが再開しなければ分からないため、彼らの関係性は必然的に注目されることになります。

ウェスタン・カンファレンス4位のユタ・ジャズがシーディングゲームとプレイオフで良い結果を残すためには、ミッチェルとゴベアの存在は必要不可欠です。

チームのリーディングスコアラーであるミッチェルの方が注目されがちですが、ゴベアがどれだけ大きな影響力を持っているのかも知っておく必要があるでしょう。

ミッチェルが出場し、ゴベアがベンチで座っている時、ジャズのネット・レーティング(100ポゼッションあたりの平均得失点差)は-9.0ポイントまで低下します。

しかし、ゴベアが出場し、ミッチェルがベンチで座っている時、ジャズのネット・レーティングは+5.6ポイントを記録しました。

つまり、ゴベアはミッチェルと一緒にプレイしていても、プレイしていなくても、チームに素晴らしい影響を与えているということが分かります。

ジャズが受けた大打撃としては、チームで2番目に平均得点が高いボーヤン・ボグダノビッチが手首の手術によって離脱するということです。

今シーズンのボグダノビッチは平均20.2得点、3ポイントシュート成功率41.2%を記録しただけでなく、出場していた時のチームのネット・レーティングでも+5.5ポイントを記録していました。

彼の抜けた穴を埋めるためにも、ミッチェルとゴベアの存在はより重要だと言えますが、ここでは2008-09シーズン以来最も低いスタッツを残しているベテランのマイク・コンリーにスポットを当てましょう。

メンフィス・グリズリーズとの最後のシーズンとなった2018-19シーズンのコンリーは平均21.1得点、6.4アシストと印象的でしたが、今シーズンは平均13.8得点、4.3アシストまで落ち込んでいます。

それでも、2月以降のスタッツに絞ると平均16.5得点、4.9アシスト、3ポイントシュート成功率44.4%を記録しており、こうした類のパフォーマンスを続けることができれば、ボグダノビッチが離脱した影響を最小限に留められる可能性があります。

ジャズはこの数年間で飛躍し、特に過去3年間は最低でもシーズン48勝以上は記録していますが、優勝候補として見なされるにはまだ一歩足りていません。

今シーズンもその評価が覆ったとは言えませんが、それでも長期のシーズン中断や、ホームコートアドバンテージが無いといった前例のない出来事は、ジャズにとって有利に働く可能性もあります。

-考察
-,

© 2020 NBA TOPICS