考察

シーズン再開後の各チームの展望【ロサンゼルス・クリッパーズ編】

今年3月に中断されたNBAの2019-20シーズンは、7月30日からオーランドのウォルト・ディズニー・ワールドで再開され、招待された計22チームがプレイオフ進出やシードを懸けてそれぞれ8試合のシーディングゲーム(順位決定戦)を戦います。

ここでは、各チームごとのシーズン再開後の展望についてチェックしてみましょう。

今回はロサンゼルス・クリッパーズ編です。

関連記事
シーズン再開後の各チームの展望

続きを見る

対戦日程(カッコ内は日本時間)

  • 7月30日(31日):ロサンゼルス・レイカーズ
  • 8月1日(2日):ニューオーリンズ・ペリカンズ
  • 8月4日(5日):フェニックス・サンズ
  • 8月6日(7日):ダラス・マーベリックス
  • 8月8日(9日):ポートランド・トレイルブレイザーズ
  • 8月9日(10日):ブルックリン・ネッツ
  • 8月12日(13日):デンバー・ナゲッツ
  • 8月14日(15日):オクラホマシティ・サンダー

主な離脱選手

なし

注目ポイント

創設以来一度もカンファレンス決勝に進出したことがないクリッパーズですが、スーパースター、層の厚いロスター、優勝経験を持つヘッドコーチを持つ今シーズンの彼らには、フランチャイズに新たな歴史を刻む機会があると言えるでしょう。

ただ、完全に健康なロスターの時に彼らがどれだけの力を発揮できるかについては、もう少し待たなければ分からないかもしれません。

イビツァ・ズバッツとランドリー・シャメットがバブルに遅れて到着した後、モントレズ・ハレル、パトリック・ベバリー、ルー・ウィリアムズは個人的な事情によりバブルを離脱しました。

その後、ウィリアムズは離脱中にアトランタのジェントルマンクラブに行っていたことが明らかになったため、彼は隔離期間の延長に伴ってシーディングゲームの最初の2試合を欠場することが決まっています。

クリッパーズが焦点を当てるべきはプレイオフで、それまでにカワイ・レナードやポール・ジョージが健康を維持することを優先事項と考えるのであれば、彼らがシーディングゲームで全力を出すことはあまり期待できないでしょう。

その代わり、プレイオフでの彼らは、より脅威的な存在になる可能性があります。

特に、昨夏に両肩の手術を行っていたジョージは、長期のシーズン中断によって健康を取り戻した選手の一人です。

オクラホマシティ・サンダーに所属していた昨シーズン、ジョージは平均28.0得点、8.2リバウンド、4.1アシスト、2.2スティールを記録し、MVPレースにも名前が挙がっていました。

彼がこのレベルのパフォーマンスを取り戻した時、クリッパーズが今よりも手の付けられないチームへと変わるのは目に見えています。

とはいえ、クリッパーズがどれだけ強力なチームであったとしても、ウェスタン・カンファレンス首位のロサンゼルス・レイカーズは彼らの前に立ちふさがるでしょう。

カンファレンス決勝の対戦がレイカーズとクリッパーズになることを期待している人々は、決して少なくないはずです。

レナードがリーグ最高の選手であるかという議論は今でも賛否が分かれますが、彼が3つ目のチームで、3度目のファイナルMVPを獲得すれば、結論は見えてくるかもしれません。

そのような偉業はNBAの歴史を見ても達成した選手はおらず、レナードにはそのチャンスがあります(ただし、レブロン・ジェームズも同様)。

そういった意味でも、シーズン再開後――特にプレイオフ後のクリッパーズには注目していきたところです。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-考察
-,

© 2021 NBA TOPICS