トピックス

ルー・ウィリアムズ、離脱中にクラブを訪れたことについて「もっと賢い決断ができたかもしれない」

ロサンゼルス・クリッパーズのルー・ウィリアムズは、8月4日(日本時間5日)のフェニックス・サンズ戦で復帰を果たし、21分の出場で7得点、6リバウンド、6アシストを記録しました。

先日、ウィリアムズは親族の葬式に参列するためにオーランドを離脱していましたが、その最中にアトランタのジェントルマンクラブに訪れていたことが明らかになり、キャンパスに戻った後は通常よりも長い隔離期間を過ごす必要がありました。

試合後、ウィリアムズはクラブを訪れたことについて「もっと賢い決断を下すことができたかもしれない」と語りました。

「当時の自分は、責任を持って決断を下していると思っていた。だが、世界で起きていることや、パンデミックを振り返ってみれば、おそらく最善の選択ではなかった」

ウィリアムズはまた、祖母を亡くして離脱中であるチームメイトのモントレズ・ハレルについても触れ、「本当に悲しかった」と語っています。

「悲しみを乗り越えるのは難しかった。ファンがトレズ(ハレルの愛称)の心情を理解してくれることを本気で願っている」

ハレルは7月17日にオーランドを離脱して以降戻っておらず、今のところ復帰日についても未定となっています。

クリッパーズのドック・リバース・ヘッドコーチも、ハレルに準備ができたら戻ってくるように伝えたことを明かしているため、彼の復帰は優先事項とはなっていないようです。

関連記事
悲しみに暮れるモントレズ・ハレル、チームへの合流はまだ先か

続きを見る

一方で、ハレルと並んで今シーズンのシックスマン賞候補であるウィリアムズは復帰したため、今後のクリッパーズの試合と、彼のパフォーマンスには注目したいところです。

-トピックス
-

© 2020 NBA TOPICS