シーズン継続のため、オーナーと選手間の橋渡し役となっているマイケル・ジョーダン

NBAの今季の継続が一度は危ぶまれながらも、なんとか継続されることが決まった中、シャーロット・ホーネッツのオーナーであるマイケル・ジョーダンは、各球団のオーナーと、オーランドでプレイする選手たちの重要な橋渡し役となっているようです。

ジョーダンはNBAで唯一の黒人の過半数オーナーであるだけでなく、選手としても伝説的な功績を残してきたことから、他球団のオーナーにはできない方法で選手たちと繋がることができます。

ESPN』のジャッキー・マクマラン記者によれば、ジョーダンは木曜日の朝に行われた理事会で”健全な考え”を提供し、自分たちで解決策を模索する前に、選手の不満や懸念に耳を傾けるように各球団のオーナーに促しました。

そして、オーナーたちは全会一致で、選手たちの声を拡大する方法を考えるためにミーティングの時間の大半を費やしたとされています。

社会問題を訴えるために作成された現在のプラットフォームのために今季の継続を望む選手は多く、ジョーダンを含む多くのオーナーも同様に感じていると、マクマラン記者は伝えました。

当然、金銭的な面を考慮しても、両者が同じ方向を向いているのは良いことだと言えるでしょう。

The Athletic』によれば、もし今季が終了していた場合、選手は今季の給与を約15%、来季の給与を約35%を失い、試合が行われないことに対する収益の損失はオーナーにも打撃を与えていました。


いつでもNBAを楽しむには?

”NBA Rakuten”なら「NBA」をいつでも楽しめます!様々なプランから自分に合ったプランを選び、波乱の2019-20シーズンを堪能しましょう。10月31日まではディスカウントキャンペーンも実施中。