リポート

シリーズを突破できればクリスタプス・ポルジンギスの復帰の可能性はあり

ダラス・マーベリックスのクリスタプス・ポルジンギスは右ひざの外側半月板の断裂により、ロサンゼルス・クリッパーズとのプレイオフ1回戦の残りの試合を欠場することになりましたが、マーベリックスが前進すれば、彼の復帰の可能性は期待できるようです。

『Dallas News』のキャリー・キャプラン記者によれば、マーベリックスのリック・カーライルHC(ヘッドコーチ)はポルジンギスの復帰について「前進できれば可能性はある」とコメントしました。

Dallas Morning News』のブラッド・タウンセンド記者によれば、ポルジンギスは自身の怪我について次のように語っています。

「第1戦の後にひざが動かなくて、第2戦に出場できるか分からなかった。それでもなんとか出場できたから、このままいけると思ったんだ。第3戦では悪化させてしまったと言ってもいいだろう。試合直前にひざが動かず、とても残念だし、フラストレーションも溜まった。だけど、その感情をどう受け止めるのかも学んだよ」

ポルジンギスはひざの手術を避けたいと考えているようですが、最終的にどのような決定が下されるかはまだ分かりません。

そして現在のシリーズを2勝3敗で負け越しているマーベリックスも、前進するためにはポルジンギスが不在の中で2連勝を飾る必要があります。

-リポート
-

© 2020 NBA TOPICS