シーズンが終わらないと信じていたドック・リバースHC「全てが落ち着くと信じていた」

ウィスコンシン州で29歳の黒人男性であるジェイコブ・ブレイク氏が警官に射殺された後、NBA選手たちは水曜日の夜にミーティングを行い、今季を終了すべきかどうかの議論を繰り広げました。

そして、そのミーティングで行われた投票では、ロサンゼルス・レイカーズとロサンゼルス・クリッパーズの2チームが今季の終了に票を投じたことが話題となりました。

しかし、『Los Angeles Times』のアンドリュー・グライフ記者によれば、クリッパーズのドック・リバースHC(ヘッドコーチ)は今季が終了することはないと信じていたようです。

「感情が高ぶっていたのは分かっていた。だから、私は全てが落ち着くと信じていたよ。(投票の結果が)僅差だったとはいえ、どちらにしても終わるとは思わなかった」



リバースHCが述べたように、水曜日の夜のミーティングは「荒れていた」と伝えられています。

それでも、ミーティングが解散となって選手たちが冷静さを取り戻したことによって、翌日のミーティングでは選手全員がシーズンを継続させることに賛成していました。

クリッパーズのパトリック・ベバリーは、良い議論ができたと言います。

「チームとしては、バブル内で他のチームとも団結したいと思っていた。もちろん、選手同士の議論しかなかったが、どのような議論であれポジティブなものだった」

クリッパーズはダラス・マーベリックスとのプレイオフ1回戦を3勝2敗で勝ち越しており、8月30日(日本時間31日)に行われる第6戦に勝利すれば、カンファレンス準決勝への進出が決まります。


いつでもNBAを楽しむには?

”NBA Rakuten”なら「NBA」をいつでも楽しめます!様々なプランから自分に合ったプランを選び、波乱の2019-20シーズンを堪能しましょう。10月31日まではディスカウントキャンペーンも実施中。