ホークスのジョン・コリンズがオフシーズンの勧誘に意欲的?「常に誰かを口説こうとしている」

アトランタ・ホークスは今年のオフシーズンに多額のキャップスペースを確保できるチームの一つであり、競争力を高めるために1~2人の優秀なフリーエージェントを獲得して補強することができます。

今のところ、ホークスが今年の市場で積極的になるのか、それとも優れた選手がより集まると予想される2021年のオフシーズンまでサラリーを抑えておくのかは分かりません。

しかし『HoopsHype』のマイケル・スコット記者によれば、ホークスの若きビッグマンであるジョン・コリンズは、今年のオフシーズンに選手の勧誘に努めると語っています。

「他の選手たちも優れた選手や友人を勧誘しようとしているから、僕もベストを尽くさないとね。僕も常に誰かを口説こうとしている。誰と話そうとしているかは言えないけど、ここではGMになろうとしているんだ」

ホークスが多額のサラリーを使える理由の一つは、コリンズやトレイ・ヤング、カム・レディッシュといった若く有望な選手たちがルーキー契約の最中にあるためです。

したがって、ホークスがこのオフシーズンに優れた選手と長期契約を結ぶことができれば、彼らは今後数年間に渡って競争力を維持できる可能性があります。

最近では、ホークスがワシントン・ウィザーズのダービス・ベルターンスの獲得を狙っているという噂も挙げられました。

blank

ホークス、ニックス、サンズがダービス・ベルターンス獲得の脅威か

2020-08-27

いつでもNBAを楽しむには?

”NBA Rakuten”なら「NBA」をいつでも楽しめます!様々なプランから自分に合ったプランを選び、波乱の2019-20シーズンを堪能しましょう。10月31日まではディスカウントキャンペーンも実施中。