ケビン・デュラント「ニックスの救世主にはなりたくなかった」

昨年の夏にケビン・デュラントがフリーエージェントとなった時、彼がニューヨーク・ニックスの”救世主”になる可能性について多くの憶測がありました。

しかし、彼は同じニューヨークでも、カイリー・アービングと一緒にブルックリン・ネッツと契約することを決めました。

それは多くのニックスのファンを落胆させたかもしれませんが、さらに残酷なのは、彼がニックスへの移籍を一切考えていなかったということです。

今週、トミー・オルターや、ニューオーリンズ・ペリカンズのJJ・レディックと一緒にポッドキャスト『The Old Man and the Three』に出演したデュラントは、ニックスの”救世主”になるということに魅力を感じなかったことを明かしました。

「ニックスやニューヨークの救世主にはなりたくなかった。ニューヨークの王なんて興味なかった。そう感じたことさえなかった」

The Old Man and the Three

デュラントがニックスに移籍しなかった時、チームが彼に対して十分なオファーを提示しなかったという報道もありました。

しかし、今週のデュラントの発言から、そもそも彼はジェームズ・ドーランとは何の関係もないチームでバスケットボールを楽しみたかっただけのようです。


いつでもNBAを楽しむには?

”NBA Rakuten”なら「NBA」をいつでも楽しめます!様々なプランから自分に合ったプランを選び、波乱の2019-20シーズンを堪能しましょう。10月31日まではディスカウントキャンペーンも実施中。