リポート

キャバリアーズとアンドレ・ドラモンドの契約延長交渉が難航

クリーブランド・キャバリアーズとアンドレ・ドラモンドの旅路は、双方が妥協点を見つけなければ、短い時間で終わってしまう可能性があります。

月曜日に『Cleveland.com』のクリス・ヒョードル記者は、キャバリアーズとドラモンドが予備的な契約延長交渉で意見がかなり分かれており、難航していることを報じました。

2016年と2018年にオールスター出場経験を持つ27歳のセンターのドラモンドは、今年2月にデトロイト・ピストンズからクリーブランド・キャバリアーズへトレードされました。

彼はシーズンが中断されるまでにキャバリアーズで8試合しか出場しなかったものの、その間でも平均17.5得点、11.1リバウンドと普段と変わらない生産性でチームに貢献しました。

今のキャバリアーズは再建段階にあり、ドラモンドがチームの将来に適合するかどうかは不明です。

彼はリーグで最高のリバウンダーの一人と知られていますが、オフェンス面では多様性に欠けているため、相手からすれば比較的守りやすい選手でもあります。

現時点で、ドラモンドは来季の2,875万ドル(約30億円)のプレイヤーオプションを行使すると予想されていますが、彼はピストンズからトレードされたときに腹を立てていたため、キャバリアーズにキャリアを過ごす意志はそれほど強くないのかもしれません。

-リポート
-

© 2020 NBA TOPICS