トピックス

なぜドレイモンド・グリーンはクールなプレイを始めた?

ウェスタン・カンファレンス決勝の舞台で、私たちが見ているゴールデンステイト・ウォリアーズのドレイモンド・グリーンは、どう考えても新しいグリーンと言うほかないでしょう。

つまりどういうことか――審判に歯向かっていたはずのグリーンは、この数日間で影もなく、今やクールなプレイでチームを導いているのは明らかだということです。

そして驚くべきことに、グリーン自身が過去の自分の姿を「最低だ」と語りました。

しかしなぜ、今になってこのようなプレイを始めたのでしょうか?



グリーンは自身のプレイスタイルについて、次のように語っています。

「僕はプレイするより酷いものがあったことに気付いたんだ。僕はそんなプレイに嫌悪感を抱いたよ。オフィシャルが完璧ではないことは分かっているし、彼らが笛を吹かなければ、僕は彼らと会話をする。だけど(今までとは)完全に違う会話だよ。」

ケビン・デュラントが怪我で離脱しているため、ウォリアーズは適応することを余儀なくされました。

そしてトレイルブレイザーズとの第3戦で、グリーンは20得点、13リバウンド、12アシスト、4スティールという圧巻のスタッツを残しています。

チームメイトのクレイ・トンプソンは、グリーンについてこう語りました。

「イカれたスタッツだよね。攻守で活躍しているんだ。だけど、今に始まったことじゃない。僕は7年間、それを見てきた。彼は第2のポイントガードのようなもので、僕とステフ(ステフィン・カリー)の負担を和らげてくれるんだ。彼は僕たちに攻めさせるけど、たぶん彼は満足していないよ。」

グリーンのやっている些細なことでも、それは大きな違いを生み出しているのかもしれません。

ジョーダン・ベルがダンクを外した時に励ましの言葉を送ったのは、グリーンでした。

酷い前半のビハインドを少しでも詰めるため、第2クォーターの最後にブザービーターを決めたのも、グリーンでした。

納得し難いファウルをコールされた時でも、グリーンのトレードマークだったはずの憤慨や強がり、そして何よりテクニカルファウルはありませんでした。

ステフィン・カリーは、グリーンについてこう語ります。

「よかったよ。ファーストラウンドでは、みんなが彼のテクニカルファウルの数について話していた。彼はそれらを全てやめて、バスケットボールをするだけで素晴らしい仕事を果たしたんだ。」

本当のバスケットボールが出来ていることは、すなわちウォリアーズが高いレベルで戦っている証拠でもあるでしょう。

新しいクールなグリーンが、チームに最高の生産性をもたらしているのです。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-,

© 2021 NBA TOPICS